目次/索引/検索の表示

Reflection X サービスの起動または停止

Reflection X サービス (RXS) は、インストールした時、およびコンピュータの再起動時に自動的に起動されます。ただし、トラブルシューティング手順の一環として、サービスの停止または再起動が必要な場合があります。

注意:X マネージャ (ドメイン接続用) や管理コンソールが開いている場合は、Reflection X Advantage サービスを停止または再起動する前にログオフしておく必要があります。

Reflection X サービスを起動、停止、または再起動するには

システム

手順

Windows

Windows サービスの管理コンソールを開きます。([コントロールパネル] の [管理ツール] - [サービス] に移動します。)サービスを起動、停止、または再起動するには Attachmate Reflection X Service を選択します。

UNIX および Linux

コマンドラインから rxs コマンドを使用することにより、init.d システムを介してサービスを起動、停止、または再起動できます。例:

/etc/init.d/rxs start

/etc/init.d/rxs stop

/etc/init.d/rxs restart

init.d のパスは、オペレーティングシステムによって異なります。

 

 

 

既定:/etc/init.d

HP-UX:/sbin/init.d

Red Hat:/etc/rc.d/init.d

 

AIX

AIX では、次のコマンドのうちの 1 つを入力することで、System Resource Controller を介してサービスを起動または停止できます。

startsrc -s rxs

stopsrc -s rxs

サービスを再起動するには、停止コマンドを入力した後に起動コマンドを入力する必要があります。

関連項目

ドメインコンポーネントの設定