目次/索引/検索の表示

フォント要求の記録

X クライアントがフォントを要求すると、Reflection X サーバは、クライアントが提供したフォント名を受信し、次に [サーバフォントパス] リスト内のフォントコレクションの中でそのフォント名を探します。フォントコレクションは、リスト内で指定されている順番で検索されます。 フォント名は、実際のフォント名またはフォントの別名によって一致させます。

[フォント要求を記録する] オプションがオンの場合、このフォントのすべての動作 (要求およびその要求に対応して Reflection X Advantage が行う手順) がログファイルに書き込まれます。フォント関連のエラーが発生したら、このオプションをオンにし、エラーを発生させた手順を繰り返し実行して、ログファイルを調べてみてください。

既定では、[フォント要求を記録する] はオンになっていません。このオプションは、セッションが開始された時に有効となります。

フォント要求を記録するには

  1. X マネージャで、左側にある [セッションの定義] の下のセッションを選択します。

    または

    管理コンソールで、[ドメインの定義] タブをクリックし、左側の [セッションの定義] の下のセッションを選択します。

  2. [記録の設定] タブをクリックします。
  3. [フォント要求を記録する] をオンにします。

関連項目

フォントの操作

フォントコレクションの追加