目次/索引/検索の表示

ドメインのロックの解除

ドメインから締め出されることがあるのは、管理者パスワードを忘れた場合、管理者アカウントを追加せずに認証方式を変更した場合、または外部認証システムに問題が発生した場合です。

rxsconfig コマンドラインユーティリティの recovery オプションを使用して、ドメインのロックを解除できます。

rxsconfig を使用してドメインのロックを解除するには

  1. ドメインコントローラがインストールされているサーバに、管理者 (Windows) またはルート (UNIX) としてログオンします。
  2. コマンドウィンドウを開きます。

    注意: 新しい Windows システム (Windows Vista および Windows Server 2008 以降) の場合は、管理者としてコマンドウィンドウを開く必要があります。([スタート] メニューの [アクセサリ] で、[コマンドプロンプト] を右クリックして [管理者として実行] を選択します。)

  3. 次のコマンドを入力します。

    rxsconfig recover

  4. サービスを再起動します
  5. 管理コンソールを開いて、以下のユーザ名とパスワードでドメインにログオンします。

    ユーザ名:recovery

    パスワード:recovery

    注意:recover コマンドを実行すると、管理コンソールに 1 回だけアクセスできます。ログアウトすると、ユーザ名とパスワードのログイン値は使用できなくなります。これらの値を使用して再度ログインするには、手順 1 ~ 3 を繰り返す必要があります。

  6. ドメインに使用する認証システムを、[認証システム] に設定します。
  7. プラス記号 (プラス記号) をクリックして、新しい管理ユーザアカウントを追加します。
  8. 新しいアカウントの [管理者] の下のチェックボックスをオンにします。
  9. [認証のテスト] をクリックし、このアカウントの名前とパスワードを入力し、[テスト] をクリックしてアカウントが有効であることを確認します。

    警告:最初に管理アカウントの再定義とテストを行うことなく管理コンソールを閉じないでください。有効な管理アカウントがないと、管理コンソールに再度ログインすることができなくなるため、この手順を最初からやり直す必要があります。

関連項目

ドメインへのログオンに関する問題