目次/索引/検索の表示
信頼されているホスト鍵のデータベースへの追加

信頼されているホスト鍵によって、Secure Shell サーバが認証されます。ホストの公開鍵がホスト鍵データベースに事前にインストールされていない場合は、ユーザが初めて Secure Shell 接続を行う時に [不明なホスト鍵] ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスには、Secure Shell ホストを識別する指紋が含まれています。このホストが正しいホストであることを確認するために、正しい指紋であるかどうかを確認できる Secure Shell サーバシステム管理者に問い合わせることができます。確認しないと、「中間者」攻撃 (別のサーバが Secure Shell サーバを装う) のリスクにさらされることになります。

不明な鍵をデータベースに追加するには、以下の手順に従ってください。鍵が Reflection X Advantage データベースに保存されると、以降のサーバ認証には保存されている公開鍵が使用されます。これにより、正しいホストに確実に接続されるようになります。鍵が保存されると、以降の接続時に [不明なホスト鍵] ダイアログボックスが表示されなくなります。

ホスト鍵をデータベースに追加するには

  1. X マネージャで、接続方法として [Secure Shell] を使用する X クライアントを構成します。
  2. クライアントを起動します。

    初めて接続すると、[不明なホスト鍵] ダイアログボックスへの応答を求められます。

  3. [常時] をクリックしてホスト鍵をデータベースに追加します。

注意: Secure Shell プロトコルでは、X サーバである Reflection X Advantage がクライアントとして扱われます。Secure Shell サーバは X クライアントアプリケーションを実行しているホストと同じホストに置かれます。Reflection X Advantage が Secure Shell クライアントとして実行する場合、Secure Shell サーバを認証し、そのサーバに対してクライアントとして認証する必要があります。

関連項目

信頼されているホスト鍵の手動でのインポート

すべてのドメインユーザ向けに、信頼されているホスト鍵を追加する

[ホスト鍵] タブ - [Secure Shell ホスト鍵] ダイアログボックス

Secure Shell セッションのホスト認証

Secure Shell (SSH) 接続の設定