目次/索引/検索の表示

高度な配布の実行

大規模なカスタム配布では、一般的に以下の操作を行います。

  1. 管理者用インストールポイントを作成するために、インストール先フォルダへの管理者用インストールを行います
  2. 管理者用インストールポイントで、Attachmate カスタム設定ツールを起動します。このツールは、2 つの編集モードに対応します。
    • トランスフォームファイルの作成。このオプションを使用して、ユーザのワークステーションにカスタムファイル (テンプレートやその他の Reflection X Advantage 定義ファイルなど) をインストールします。カスタムショートカットの構成や追加もできます。
    • トランスフォームファイル (.mst) の作成。このオプションを使用して、ユーザのワークステーションへのインストールが設定されている機能をカスタマイズし、[スタート] メニューショートカットをカスタマイズし、setup.exe によるインストールと一緒に自動的に実行する追加インストールパッケージを指定します。

      注意:Attachmate カスタム設定ツールの操作の詳細は、ツールの [ヘルプ] メニューや、各パネルのコンテキスト依存のヘルプトピックを参照してください。

  3. インストールのテストを行います。
  4. 作成したトランスフォームおよびコンパニオンパッケージを使用して、Reflection X Advantage を配布します。トランスフォームおよびコンパニオンインストールパッケージは Microsoft Windows インストーラ (MSI) に準拠しているので、デスクトップのショートカット、Microsoft Active Directory、またはその他の Microsoft インストーラ互換の配布ツールを使用することができます。