目次/索引/検索の表示

ショートカットの構成

定義済みの Reflection X Advantage ショートカットに関連付けられる属性を変更できます。また、カスタムインストールパッケージに追加したファイルのショートカットを構成できます。

ショートカットを構成するには

  1. 管理者用インストールポイントで、ショートカットから、または次のコマンドラインを入力して Attachmate カスタム設定ツールを開きます。

    <path_to_setup>\setup.exe /admin

  2. [カスタム設定の選択] ダイアログボックスで、いずれかの起動オプションを選択します。ショートカットは、トランスフォーム (.mst) とコンパニオンインストーラ (.msi) の両方で変更できます。
  3. Attachmate カスタム設定ツールのナビゲーション画面で、[ショートカットの構成] を選択します。
  4. 構成するショートカットを選択して、[変更] をクリックします。
  5. [ショートカットの変更] ダイアログボックスで、次の設定を入力します。

    目的

    手順

    ショートカットの保存場所を指定する

    [場所] 一覧で、フォルダを入力または選択します。

    注意:フォルダの場所を指定するには、ドロップダウンリストで定義済みのオプションを選択できます。使用可能な場所の一覧は、インストールの対象がユーザ固有 (既定) であるかすべてのユーザであるかによって変わります。例えば、ユーザ固有のインストールでは [PersonalFolder]、すべてのユーザ向けのインストールでは [ProgramFilesFolder] です。これらのパスを編集して、追加のパス情報を含めることができます。次に例を示します。[PersonalFolder]\Attachmate\Reflection.また、完全パス情報を手動で入力することもできます。例えば、C:\demo\pathと入力します。指定する場所は、すべてのターゲットコンピュータに存在する必要があります。

    ショートカットに名前を付ける

    [名前] ボックスに内容が分かる名前を入力します。

    ショートカットにツールチップを追加する

    [ボタン名] ボックスに、ショートカットの内容が分かる説明的なテキストを入力します。

    コマンドライン引数をプログラムに渡す

    [引数] ボックスにコマンドライン引数を入力します。

    アプリケーションウィンドウのサイズを指定する

    [実行] 一覧で、アプリケーションウィンドウの初期サイズを選択します。

関連項目

トランスフォームの作成と編集