目次/索引/検索の表示

X サーバ

開き方

[サーバの定義] 画面を使用すると、X サーバの構成に関連するすべての情報を入力または編集できます。

[X サーバ] の右側にあるプラス記号 (+) をクリックすると、新しいサーバの定義を作成できます。それにより、既定の X サーバ設定を含む [新規 X サーバ <n> ] が追加されます。または、定義を右クリックし、[X サーバの複製] を選択し、既存の定義をコピーすることもできます。

注意:単体モードの X マネージャは、[標準 X サーバ] と呼ばれるサーバの定義を提供します。これには、既定の X サーバ設定が含まれます。この定義はそのまま使用することも、または、それを元に新しい定義を作成することもできます。

ユーザ設定のサーバの定義を作成するには、[サーバの定義] 画面の以下の領域を使用します。

 

[全般]

サーバの定義の名前を入力し、その他の設定を構成します。

 

[フォント]

クライアントのフォント要求に Reflection X がどのように応答するか、およびどのフォントコレクションを使用するかを指定します。

 

[色]

カラースキームを選択、インポート、または変更します。

 

[ウィンドウ]

個々の X スクリーンおよびウィンドウモードを構成、追加、または削除します。

 

[マウス]

2 ボタンマウスを、3 つのボタンを持つマウスとして動作するように構成します。

 

[拡張機能]

X サーバの拡張機能を表示したり、有効または無効にしたりします。

 

[キーボード]

キーボードの設定と既定のキー割り当てを変更します。

関連項目

セッションの定義

提供セッション

[X クライアント]