目次/索引/検索の表示

[クライアントの定義] - Telnet 接続方法

[クライアントの定義] 画面を使用すると、クライアントの起動に関連するすべての情報を入力または編集できます。Telnet が選択されたプロトコルである場合、自動的にパスワードとコマンドを入力するように Reflection X を構成することができます。

注意:FIPS モードで動作している場合、Telnet は使用できません。

次のオプションがあります。

 

[名前]

ホスト上の 1 つまたは複数の X クライアントアプリケーションの起動に使用される設定のグループの名前を入力します。

 

[ホスト名]

X クライアントのホストコンピュータの名前またはアドレスを指定します。ホストの IP アドレス (123.12.23.4 など) を入力でき、アドレスの解決にドメイン名サーバを使用している場合は、ホスト名だけを入力できます。

 

[ホストの種類]

選択されたホストの種類に適した既定値を設定します。選択されたホストの種類は以下に影響します。

  • [コマンド] ドロップダウンリストに表示されるサンプルコマンドの構文と選択。
  • 既定のログインシーケンス。
  • 既定の xauth コマンド。これは、セッション用にユーザベースの許可が有効になっている時に使用されます。

 

注意:2 つの Linux オプションが使用できます。X クライアントアプリケーションを /usr/x11R6/bin に格納する古い Linux システムには、旧来のオプションを使用します(新しいシステムは /usr/bin を使用します)。

 

[接続方法]

 

このセクションでは、X クライアントの起動方法とそれに対応する設定を指定します。

 

 

[接続方法]

[Telnet] を選択します。

 

[ユーザ名]

ユーザ名を指定します。

 

[パスワード]

パスワードを入力します。入力した各文字はアスタリスクになります。

 

[詳細設定]

追加の Telnet 設定を指定する場合に選択します。ホストにログインするためのコマンドシーケンスを変更する必要がある場合は、このオプションを使用できます。

 

アプリケーションの設定

 

このセクションでは、1 つまたは複数の X クライアントを起動するためのコマンドおよび設定を指定します。

 

 

[アプリケーション]

X クライアントを起動する時に単一のコマンドを使用するか、複数のコマンドを使用するかを選択します。

[複数コマンド] を選択した場合は、ホストプロンプトおよびそのコマンドがオプションかどうかも指定できます。

 

[コマンド]

X クライアントの起動コマンドを指定します。コマンドには、マクロが含まれている可能性があります。

注意:ドロップダウンリストには、通常選択した [ホストの種類] で動作するサンプルクライアントコマンドが表示されます。

 

以下の追加オプションは、[アプリケーション][複数コマンド] に設定されている場合に使用できます。

 

 

[プロンプト]

このコマンド用のホストプロンプトを指定します。ホストプロンプトを入力するか、複数のホストプロンプトを受け入れる既定の設定 (%prompt%) をそのまま使用します。%prompt% の値を表示または変更するには、[詳細設定] をクリックし、[コマンドプロンプト] オプションを構成します。

 

[オプション]

Reflection X がプロンプトが表示されるのを待つかどうかを指定します。

[オプション] がオンであり、ホストがその指定されたプロンプトを表示していない場合は、Reflection X はコマンドの次の行にスキップします。

関連項目

[Telnet の詳細設定] - [クライアントの定義]

クライアントとのセッションの構成

X クライアントのコマンド - マクロ参照