目次/索引/検索の表示
[暗号化] タブ - [Secure Shell の詳細設定]

表示方法

[暗号化] タブの設定を使用し、Secure Shell 接続で使用可能な暗号化アルゴリズムを構成し、使用する時の優先順位を決定します。

選択されたアルゴリズムを一覧内で上下に移動させるには、矢印ボタンを使用します。

 

[暗号アルゴリズム]

セッションの暗号化に使用する 1 つ以上の暗号アルゴリズムを優先順に指定します。セッションに使用される暗号は、この一覧の先頭に示されている項目になります (サーバもこれに対応します)。

注意:FIPS モードが有効になっている場合、使用可能な暗号アルゴリズムの一覧は FIPS との互換性があるアルゴリズムに制限されます。

 

[HMAC アルゴリズム]

一連の HMAC (ハッシュベースのメッセージ認証コード) アルゴリズムを優先順に指定します。Secure Shell 接続では、データの整合性を確保するために HMAC を使用します。クライアントとサーバは、それぞれ別個に、転送されたデータの各パケットに対してハッシュを計算します。転送中にメッセージが変更された場合は、このハッシュ値が異なる値となり、パケットが拒否されます。セッションに使用される HMAC は、この一覧の先頭に示されている項目になります (サーバもこれに対応します)。

注意:FIPS モードが有効になっている場合、使用可能な MAC アルゴリズムの一覧は FIPS との互換性があるアルゴリズムに制限されます。

 

[鍵交換アルゴリズム]

クライアントとサーバが、共有するセッション鍵に使用する 1 つ以上の鍵交換アルゴリズムを優先順に指定します。

関連項目

[クライアントの定義] - Secure Shell 接続方法

[Secure Shell の詳細設定]

[認証] タブ - Secure Shell の詳細設定

[全般]タブ- [Secure Shell の詳細設定]

Secure Shell 接続の設定