目次/索引/検索の表示

セッションの定義

表示方法

[マイセッション] の下に表示される X マネージャのセッションには、以下のものが含まれます。

  • 自分が開始または参加したアクティブなセッション、または一度は抜けたが再参加する予定のセッション
  • 使用可能な (「セッションの定義」と呼ばれる) 非アクティブセッション

管理コンソールで、セッションの定義は [セッションの定義] の下に表示されます (実行中のセッションの状況に関する情報は、[ドメインの状況] タブに表示されます)。

新規ユーザが、単体の X マネージャアプリケーションを初めて起動すると、既定のセッションの定義である [(無題のセッション)] が表示されます。X マネージャ (ドメイン接続用) を初めて使用する時には、定義が表示されないか、管理者がユーザ用に作成したセッションの定義が表示されます。

Reflection X バージョン 13 または 14、または Hummingbird Exceed 製品から設定を移行した場合、検出された構成設定に基づいて移行プロセスが作成したセッションの定義が表示される場合があります。

セッションが実行中の場合、X マネージャによって以下の状況情報が表示されます。

[セッションの状況]

次の領域を使用して [セッションの定義] の表示と編集を行います。これらのセクションは常に表示しておくことができます。ただし、それらの設定の変更は、ユーザ自身がそのセッションの定義の所有者であり、セッションが実行中でない場合にのみ可能となります。

[全般]

[リモートセッションサービス] (X マネージャ)

[リモートセッションサービス] (X マネージャ (ドメイン接続用))

[ネットワークのセキュリティ]

[ネーティブ IME サポート]

[記録の設定]

[詳細設定]

関連項目

はじめに

セッションの構成

セッションの操作

提供セッション

[X クライアント]

X サーバ