目次/索引/検索の表示
参加したセッションの制御を取得する

1 人のユーザがセッションを起動して、それをほかのユーザに提供し、それらのユーザにセッションの制御を許可することができます。以下の手順は、セッションに参加することを許可されているユーザに適用されます。

セッションの制御を取得するには

  1. X マネージャ (ドメイン接続用) で、[提供セッション] の下に表示されているセッションの中から参加したいセッションを右クリックし、[参加] を選択します。

    または

    単体モードの X マネージャで [操作] - [参加] コマンドを選択し、セッションを共有したユーザから提供された接続先 URL を入力します。

  2. コンピュータ上でセッションのウィンドウが開いたら、手順 1 で選択したセッションを右クリックし、[制御の取得] を選択します。

    制御を取得すると、セッションに対してそのユーザのキーボードとマウスからの入力ができるようになります。一方、制御を許可したユーザは入力ができなくなります。

    注意: このオプションは、セッションを起動したユーザが [セッションの制御をユーザに許可する] を選択した場合にのみ使用できます。

関連項目

セッションの操作