目次/索引/検索の表示
セッションに参加する (X マネージャの単体モード)

X マネージャは、特定の実行中セッションへの接続を可能にする接続先の URL を生成することで、ピアツーピアセッションの共有に対応しています。

別の Reflection X ユーザがセッションを共有していて、接続先 URL を示した場合は、セッションに参加することができます。

注意:X マネージャが FIPS モードで起動するピアツーピアセッションに参加するには、FIPS を有効にする必要があります。

X セッションに参加するには

  1. [操作] - [参加] コマンドを選択します。
  2. [セッションに参加] ボックスの [接続先の URL] フィールドに、セッションを共有したユーザから受け取った URL を入力します。

    コンピュータ上でセッションウィンドウが開きます。

  3. セッションを作成したユーザが [セッションの制御をユーザに許可する] を選択した場合は、セッションを右クリックし、[制御の取得] を選択します。

    これで、使用しているコンピュータのマウスとキーボードを介してセッションを制御できるようになります。セッションを制御できるのは、一度に 1 人のユーザに限られます。

関連項目

セッションを共有する