目次/索引/検索の表示
セッションに参加する (X マネージャ (ドメイン接続用))

X マネージャ (ドメイン接続用) で、([セッションから抜ける] をクリックするか、ルートウィンドウを閉じることによって) セッションから抜けた場合、そのセッションは表示されなくなりますがセッションの実行は続いています。つまり、セッションはメモリ内に維持されています。ユーザは一度抜けた自分自身のセッションに再度参加することができます。別のユーザが自分のセッションを共有可能にしている場合は、そのセッションに参加することもできます。提供セッション ([提供セッション] の下にある) に参加する場合も、独自に作成したセッション ([マイセッション] の下にある) に再度参加する場合も手順はほとんど同じです。

X セッションに参加するには

  1. [マイセッション] または [提供セッション] の下に表示されているセッションの中から参加したいセッションを右クリックし、[参加] をクリックします。

    コンピュータ上でセッションウィンドウが開きます。

  2. 提供セッションのみ: セッションを作成したユーザが [セッションの制御をユーザに許可する] を選択した場合は、セッションを右クリックし、[制御の取得] を選択します。

    セッションの制御を取得すると、キーボードとマウスを使用できるようになります。セッションを制御できるのは、一度に 1 人のユーザに限られます。

関連項目

セッションを共有する