既知のホストファイル

Reflection Secure Shell クライアントでは、既知のホストの一覧を既知のホストファイルに保存します。Reflection は、ユーザ固有のホストファイルとグローバルな既知のホストファイルの両方に対応しています。

ユーザ既知のホストファイル

ユーザ固有の既知のホストファイルは known_hosts と呼ばれ、ユーザの .ssh フォルダにあります。これは、既定の既知のホストファイルです。Reflection は、以下の場合にこのファイルを自動的に更新します。

  • [Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスの [ホスト鍵] タブにある [信頼されているホスト鍵] 一覧を更新した場合

    または

  • これまで知らなかったホストに接続し、ホスト鍵の信頼性メッセージに対して [常時] と応答した場合

グローバルな既知のホストファイル

システム管理者は、ssh_known_hosts という名前のシステム規模で既知のホストファイルを Reflection アプリケーションデータフォルダに追加できます。

この場所で、既知のホストファイルにより PC のすべてのユーザのホスト一覧が提供されます。この一覧の鍵を表示できますが、[Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスの [ホスト鍵] タブにある [グローバルホスト鍵] 一覧で編集できません。

関連項目

ホスト鍵の確認の構成