インストールにトランスフォームを適用する

Reflection for Secure IT のインストール方法をカスタマイズするためにトランスフォームを作成してある場合は、プライマリインストールでトランスフォームを配布する必要があります。トランスフォームは、setup.exe で開始するインストールや、(多くの配布ツールが使用する) コマンドラインからのインストールで使用できます。インストーラがトランスフォームを適用できるのは、インストールの間だけです。

setup.exe で開始するインストールにトランスフォームを追加するには

  1. Reflection をインストール済みのワークステーションで、デスクトップのショートカット (ショートカットがページに表示されるよう設定してある場合)、または次のコマンドラインから、Attachmate カスタム設定ツールを開きます。

    path_to_setup\setup.exe /admin

  2. [カスタム設定の選択] ダイアログボックスで [既存のセットアップカスタム設定ファイルまたはコンパニオンインストーラを開く] を選択し、[OK] をクリックします。
  3. [ファイルを開く] ダイアログボックスで、トランスフォームファイルの作成時に選択した場所を参照し、トランスフォーム (.mst) ファイルを選択します。
  4. [ユーザインタフェース] パネルで、[このカスタム設定を、setup.exe を使用した対話型インストールに使用する] をオンにします。

    このオプションをオンにしてトランスフォームを保存すると、Attachmate カスタム設定ツールが次の行を自動的に SETUP.INI ファイルの [Setup] セクションに追加して SETUP.INI ファイルを更新し、Reflection のインストールにトランスフォームを適用します。

    CustomTransform=<your_transform.mst>

  5. [ファイル] - [保存] コマンドをクリックします。([保存] コマンドがグレイ表示されている場合は、[終了] コマンドをクリックするとファイルの保存を求められます。)

    これで、トランスフォームが setup.exe ファイル経由でエンドユーザに配布できるようになりました。(ユーザは setup.exe を実行できます。または、setup.exe ファイルをスクリプトから呼び出したり、コマンドラインから開始したりすることができます。)

setup.exe のコマンドラインからのインストールにトランスフォームを追加するには

  • コマンドラインからのインストールにトランスフォームを追加することもできます。以下のコマンドライン構文を使用します。

    <path_to_setup>\setup.exe /install TRANSFORMS=transform.mst