目次/索引/検索の表示

ユーザ鍵のエクスポート

次の手順で、ユーザ鍵を新しい場所または形式にエクスポートできます。

注意:公開鍵を Secure Shell サーバにアップロードする場合は、この手順を使用する必要はありません。[アップロード] ボタンを使用してワンステップで実行できます。Reflection は、指定したサーバの正しい鍵形式を自動的に判断します。詳細については、「サーバへの鍵のアップロード」を参照してください。

鍵をエクスポートするには

  1. [Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを開きます。
  2. [ユーザ鍵] タブで、鍵を選択し [エクスポート] をクリックします(鍵が選択されていない場合、または Reflection 証明書マネージャか Windows 証明書マネージャのどちらかによって管理されている証明書を選択している場合、このボタンは使用できません)。
  3. 選択した鍵のパスフレーズを入力します。
  4. (オプション)

    目的

    手順

    エクスポートに秘密鍵を含める

    [秘密鍵をエクスポートする] をオンにします。

    鍵を OpenSSH 形式でエクスポートする

    [OpenSSH 形式で保存する] をオンにします。

  5. [公開鍵ファイル名] ダイアログボックスでエクスポートする鍵の名前と場所を指定します。
  6. [保存] をクリックします。