目次/索引/検索の表示

管理者用インストールポイントの作成

配布の環境を準備するには、管理者用インストールポイントを作成する必要があります。管理者用インストールポイントを作成するには、ネットワーク共有 (通常はファイルサーバ) 上にある Reflection for Secure IT の管理インストールイメージをインストールします。管理インストールイメージは、CD-ROM に含まれるイメージと同様の、アプリケーションのソースイメージです。管理インストールイメージには、カスタマイズに使用する管理ツールと、Reflection for Secure IT のインストールに必要なすべてのファイルが含まれます。

警告: この操作手順では、[詳細設定] タブと [ファイルの場所] タブのみを使用してください。ほかのタブで作成された構成は無視されます。

注意:

  • ワークステーションに Reflection for Secure IT をインストールする前に、管理者用インストールポイントを作成することをお勧めします。管理者用インストールポイントを作成すると、ワークステーションをインストールする際にこれを使用できるようになります。
  • Attachmate インストールプログラムのグラフィカルインタフェースでなくコマンドラインを使用する場合は、以下の方法でコマンドラインから管理インストールイメージを作成できます。

<セットアップファイルへのパス名>¥Setup.exe /install /admin TARGETDIR=<理者インストールポイントへのUNCパス名>

  • 最初にワークステーションに Reflection for Secure IT をインストールする場合は、以下の方法でコマンドラインから管理インストールイメージを作成する必要があります。

<ワークステーション上のセットアップファイルへのパス名>¥Setup.exe /install /admin TARGETDIR=<管理者インストールポイントへのUNCパス名>

管理者用インストールポイントを作成するには

  1. ネットワークファイルサーバ上にネットワーク共有を作成します。
  2. ダウンロードリンクをクリックして、ダウンロードプログラムを実行します。インストーラファイルの位置を選択して、[次へ] をクリックします。

    指定した位置にファイルが抽出され、Attachmate インストールプログラムが開始します。(ファイルをダウンロード済みの場合は、setup.exe ファイルをクリックしてインストールプログラムを開始します。)

  3. [続行] をクリックしてライセンスに同意します。
  4. [詳細設定] タブで、[管理者用インストールイメージをサーバに作成する] をクリックします。
  5. [続行] をクリックして、管理インストールイメージ用に使用するネットワーク共有まで移動します。

    重要! ネットワーク共有のパスは、必ず UNC パスとして指定してください (例、¥¥<サーバ名>¥<管理者インストールポイント>)。

  6. [インストール] をクリックします。

注意: 管理者用インストールイメージは、通常ファイルサーバ上のフォルダに作成されます。ただし、管理者用インストールイメージは、ローカルハードディスクのどのフォルダにでも作成できるので、テストをするのに便利です。

関連項目

インストールと配布の計画

コマンドラインからのインストール

インストールのログ記録