目次/索引/検索の表示

コマンドラインからのインストール

Attachmate 設定ウィザードのコマンドラインを使用して、配布 (または CD) のイメージまたは、管理者用インストールイメージから Reflection for Secure IT をインストールできます。また、バッチファイルにコマンドラインオプションを書き込んで、インストールパラメータを事前に設定しておき、Reflection for Secure IT のインストール時におけるユーザの介入を減らすことができます。サイレントインストールを行うために、インストール時のダイアログボックスを表示しないことも可能です。

また、コマンドラインオプションを使えば、ユーザが Reflection for Secure IT をインストールできるよう準備できます。通常、MSI のどのコマンドラインオプションも、Attachmate 設定ウィザードのコマンドラインで使用することができます。

コマンドラインからインストールするには

  • コマンドプロンプト、または [スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドで setup.exe ファイルのあるディレクトリに移動して、以下のいずれかを実行します。
    • 管理者用インストールイメージを作成するには、以下を入力します。

      setup.exe /install /admin TARGETDIR=path

      path の部分には、サーバ上の管理者用インストールイメージへのパスが入ります。

      または

    • 一般的な設定でワークステーションにインストールするには、以下のように入力します。

      setup.exe /install INSTALLDIR=path

      path には、インストールディレクトリのパスが入ります (INSTALLDIR=path はオプション)。

注意: インストールをカスタマイズするためのコマンドラインオプションの一覧を表示するには、setup.exe ファイルのあるディレクトリに移動し、以下のように入力します。

setup.exe /?

MSI を使用して直接インストールするには

コマンドプロンプトまたは、[スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドで、msi ファイルのあるディレクトリに移動して、以下のように入力します。
msiexec.exe /i installation_file_name.msi

例えば、Reflection for Secure IT Windows クライアント バージョン 7.2 をインストールするには、次のコマンドを使用します。

msiexec.exe /i rsshc720.msi