目次/索引/検索の表示

コンパニオンインストーラによるカスタム設定のインストール

Attachmate カスタム設定ツール を使用し、カスタマイズされた Reflection for Secure IT を構成できます。これを行うには、カスタム設定ファイルをインストールするために 1 つまたは複数のコンパニオンインストーラパッケージを作成し、インストールにコンパニオンパッケージを追加することができます。ファイルをインストールするためのユーザ固有の場所とグローバルな場所の両方を指定できます。

注意:Reflection for Secure IT が使用する構成ファイルの名前と場所については、手順の後にある一覧を参照してください。

Reflection for Secure IT 設定ファイルをインストールするためのコンパニオンパッケージを作成するには

  1. 管理者用インストールイメージの作成
  2. Reflection をインストールしたワークステーションで、デスクトップショートカットから Attachmate カスタム設定ツールを開きます。または、次のようにコマンド ラインから開きます。

    <セットアップへのパス名>¥setup.exe /admin

  3. [カスタム設定の選択] ダイアログボックスで、[コンパニオンインストーラを新規作成する] を選択し (または既存の MSI を開き)、[OK] をクリックします。
  4. ナビゲーション画面で、[パッケージ情報の指定] をクリックします。このタブを使用して、パッケージが Windows の [プログラムの追加と削除] 一覧で使用するプログラム名を指定します。また、所属名も指定します。
  5. ナビゲーション画面で、[インストール場所の指定] をクリックします。このパネルを使用して、すべてのユーザ用にファイルをインストールする (既定) か、作成しているパッケージをインストールするユーザのためだけにファイルをインストールするかを指定します。また、このパネルで、既定のインストール場所を指定できます。
  6. ナビゲーション画面で、[ファイルの追加] をクリックします。
  7. [ファイルの追加先] で、インストール先の場所を指定します。Reflection for Secure IT が使用するファイルの一覧とファイルの場所については、手順の後にある一覧を参照してください。
  8. (オプション) [ショートカットを含める] をクリックして、インストールされたファイルを開くためにユーザが使用できるショートカットをインストールします。例えば、設定ファイル (*.r3w) をインストールしている場合、そのファイル内の設定を使用して Reflection を起動するためのショートカットをインストールすることができます。[ショートカットの構成] パネルを使用すると、ショートカットをインストールする場所を指定することができます。
  9. [追加] をクリックし、インストールに追加するファイルを指定し、[開く] をクリックします。
  10. [ファイル] - [名前を付けて保存] コマンドをクリックして、インストーラファイルの名前 (ReflectionSettings.msi など) を入力します。

ユーザ固有のファイルと場所

ファイル名

ファイルの追加先

*.r3w

[PersonalFolder]¥Attachmate¥Reflection

注意:これは、Reflection for Secure IT 設定ファイル用の既定の場所です。ほかの場所にある設定ファイルも使用できます。

 

config

[PersonalFolder]¥Attachmate¥Reflection¥.ssh

注意:このファイルについては、「Secure Shell クライアント構成ファイル」を参照してください。

 

known_hosts

[PersonalFolder]¥Attachmate¥Reflection¥.ssh

注意:このファイルについては、「既知のホストファイル」を参照してください。

 

pki_config

[PersonalFolder]¥Attachmate¥Reflection¥.pki

注意:このファイルは、Reflection 証明書マネージャ設定を構成します。

 

trust_store.p12

[PersonalFolder]¥Attachmate¥Reflection¥.pki

注意:このファイルは、Reflection の信頼された認証局を構成します。

 

Settings.rfw

[PersonalFolder]¥Attachmate¥Reflection

注意:これは、FTP クライアント 設定ファイル用の既定の場所です。また、xml ファイルを使用して FTP クライアント を構成することもできます。xml 設定ファイルを使用する利点は、ユーザ名とパスワードのようなユーザ固有の情報を含めずに設定を配布できることです。

 

rftp.xml

[PersonalFolder]¥Attachmate¥Reflection

注意:このファイルは、FTP クライアント [エクスポート] コマンドを使用して作成できます。この場所にある設定は、ユーザが初めて FTP クライアント を実行する時に Settings.rfw ファイルに移行されます。

 

rsckrb5.xml

[AppDataFolder]¥Attachmate¥Reflection

注意:このファイルは、Reflection Kerberos マネージャ [設定のエクスポート] コマンドを使用して作成できます。この場所にある設定は、ユーザが初めて Reflection Kerberos マネージャ を実行する時、または Reflection Kerberos を使用するように構成された任意の Reflection クライアントを実行する時、Windows レジストリに移行されます。

グローバルなファイルと場所

ファイル名

ファイルの追加先

ssh_config

[CommonAppDataFolder]¥Attachmate¥Reflection

注意:これは、グローバルな Secure Shell クライアント構成ファイルです。

 

ssh_known_hosts

[CommonAppDataFolder]¥Attachmate¥Reflection

注意:これは、グローバルな既知のホストファイルです。

 

pki_config

[CommonAppDataFolder]¥Attachmate¥Reflection¥.pki

 

trust_store.p12

[CommonAppDataFolder]¥Attachmate¥Reflection¥.pki

 

rftp.xml

[CommonAppDataFolder]¥Attachmate¥Reflection

注意:この場所にある設定は、各 Windows ユーザが初めて FTP クライアント を実行する時にSettings.rfw ファイルに移行されます。

 

rsckrb5.xml

[CommonAppDataFolder]¥Attachmate¥Reflection

注意:この場所にある設定は、各 Windows ユーザが初めて Reflection Kerberos マネージャ を実行する時、または Reflection Kerberos を使用するように構成された任意の Reflection クライアントを実行する時、Windows レジストリに移行されます。

 

関連項目

インストールへのコンパニオンインストーラの追加

Secure Shell クライアント構成ファイル

Secure Shell クライアントが使用するファイル

設定ファイル