はじめに

Secure Shell は、リモートコンピュータへのログインとコマンドの実行を安全に行うためのプロトコルです。これは、Telnet、FTP、rlogin、あるいは rsh の代わりとなる安全な方法です。Secure Shell 接続では、ホスト (サーバ) とユーザ (クライアント) の両方の認証が必要です。また、ホスト間の通信はすべて暗号化された通信チャネルを介して行う必要があります。また、Secure Shell では X11 セッションまたは指定の TCP/IP ポートを、安全なトンネルを介して転送することもできます。

このセクションの内容

新しい端末セッションの開始

構成ツールバーの表示

FTP クライアント を使用したファイルの転送

Secure Shell とは

[Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスの表示方法

[全般] タブ ([Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックス)