[OCSP] タブ ([Reflection 証明書マネージャ])

表示方法

証明書取り消しの確認のために 1 つまたは複数の OCSP レスポンダを構成します。一覧にサーバを追加するには、[追加] をクリックします。既定では、追加するすべてのサーバの証明書の有効性が、一覧の最初のサーバから問い合わされます。一覧からサーバを削除せずにサーバの証明書確認を無効にするには、そのサーバのチェックボックスをオフにします。

 

[追加]

OCSP サーバをリストに追加します。次の URL 形式を使用してサーバを指定します。

URL:portnumber

例えば、次のように入力します。

www.ocspresponder.com:80

 

 

[変更]

サーバの URL を編集します。

 

 

[削除]

選択したサーバを一覧から削除します。

関連項目

証明書取り消しの確認の構成

LDAP ディレクトリを使用した中間証明書の配布