管理者用インストールの実行

配布用の環境を準備するには、管理者用インストールポイントを作成する必要があります。それには、(通常はファイルサーバ上の) ネットワーク共有に Reflection for Secure IT の管理者用インストールイメージをインストールします。管理者用インストールイメージは、アプリケーションのソースイメージであり、CD-ROM 上のイメージに類似しています。これには、Reflection for Secure IT をインストールするために必要なすべてのファイルとカスタム設定に使用する管理ツールが含まれます。

警告: この操作手順では、[詳細設定] タブと [ファイルの場所] タブのみを使用してください。ほかのタブで作成された構成は無視されます。

注意:

ワークステーションに Reflection for Secure IT をインストールする前に、管理者用インストールポイントを作成することを推奨します。こうすることで、ワークステーションのインストールに管理者用インストールポイントを使用できます。

Attachmate インストールプログラムのグラフィカルインタフェースの代わりにコマンドラインを使用する場合は、次のようにコマンド ラインから管理者用インストールイメージを作成できます。
Setup ファイルのパス\Setup.exe /install /admin TARGETDIR=管理者用インストールポイントのパス (UNC パス)

最初にワークステーションに Reflection for Secure IT をインストールする場合は、次のようにコマンド ラインから管理者用インストールイメージを作成する必要があります。
ワークステーション上の Setup ファイルのパス\Setup.exe /install /admin TARGETDIR=管理者用インストールポイントのパス (UNC パス)

管理者用インストールポイントを作成するには

  1. ネットワークファイルサーバ上にネットワーク共有を作成します。
  2. ダウンロードリンクをクリックして、ダウンロードしたプログラムを実行します。インストーラファイルの場所を選択して [次へ] をクリックします。

    これにより、ファイルが指定の場所に解凍され、Attachmate インストールプログラムが起動します(すでにファイルをダウンロードした場合は、setup.exe ファイルをクリックしてインストールプログラムを起動します)。

  3. [続行] をクリックし、ライセンスに同意します。
  4. [詳細設定] タブで、[管理者用インストールイメージをサーバに作成する] をクリックします。
  5. [続行] をクリックし、管理者用インストールイメージを作成するネットワーク共有を指定します。

    重要ネットワーク共有パスは、必ず、UNC パスとして指定してください (例えば、\\共有名\管理者用インストールポイント)。

  6. [インストール] をクリックします。

注意: 管理者用インストールイメージは、通常ファイルサーバ上のフォルダに作成されます。ただし、管理者用インストールイメージは、ローカルハードディスクのどのフォルダにでも作成できるので、テストをするのに便利です。

関連項目

インストールと配布の計画

コマンドラインからのインストール

インストールのログ記録の有効化または無効化