ACT へのショートカットの設定

既定では、Attachmate カスタム設定ツール (ACT) はコマンドラインからのみ開くことが可能ですが、デスクトップショートカットを作成し、ショートカットプロパティを設定して、このツールを開くことができます。このショートカットの作成はオプションですが、ACT を操作する時間が短縮されるため便利です。

ACT を開くデスクトップショートカットを設定するには

  1. 管理者用インストールポイントで、setup.exe ファイルを右クリックし、[ショートカットの作成] を選択します。
  2. ショートカットを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  3. [ターゲット] フィールドで、コマンドラインの最後に /admin オプションを追加します。例えば、次のように入力します。

    \\myServer\adminInstallPoint\setup.exe /admin

    警告:[ターゲット] フィールドのパスが UNC (汎用命名規約) 形式で参照されていることを確認してください。パス名にはドライブ文字を使用しないでください。ドライブ文字を使用すると、ほかのワークステーションでショートカットを使用する際に問題が発生する場合があります。

  4. ショートカットの名前を変更してから、ワークステーションのデスクトップおよび管理者用インストールポイント用に使用しているサーバに保存します。