インストã?¼ãƒ«ã®æº–å‚™

セキュリãƒ?ィプロキシサーバã?®æ¦‚è¦?

オプションのセキュリãƒ?ィプロキシサーバコンポã?¼ãƒãƒ³ãƒˆã?®ã‚¤ãƒ³ã‚¹ãƒˆã?¼ãƒ«å…ˆã?¯ã€Reflection for the Web 端末セãƒ?ションおよび Windows ベã?¼ã‚¹ã® Reflection 端末セãƒ?ションのプロキシとして動作し、暗号化されたネットワークトラフィãƒ?クをè¤?数のユーザワークスãƒ?ーションとの間でルーãƒ?ィングするサーバコンピュータですã?‚このコンポã?¼ãƒãƒ³ãƒˆã‚’インストã?¼ãƒ«ã™ã‚‹ã‚µãƒ¼ãƒã«ã¯ã€Java アプリケーションの実行機è?½ã‚’備えた Java 仮想マシン (JVM) がå¿?要ですã??

セキュリãƒ?ィプロキシサーバコンポã?¼ãƒãƒ³ãƒˆã?¯ã€Reflection 管ç?サーバをインストã?¼ãƒ«ã—たのと同ä¸?のサーバにインストã?¼ãƒ«ã™ã‚‹ã“とができますã?‚このセキュリãƒ?ィコンポã?¼ãƒãƒ³ãƒˆã‚’別のコンピュータにインストã?¼ãƒ«ã—た場合ã?¯ã€ã?—ロキシサーバとホストコンピュータとの間ã?®æŽ¥ç¶šãŒç¢ºå®Ÿã« 1 つになるよã?にしたã?えで、各 Reflection 端末セãƒ?ションのセキュリãƒ?ィを強化してください。ã?—ロキシサーバとホストコンピュータとの通信がほかã?®ã‚³ãƒ³ãƒ”ュータからアクセス可能な接続上で確立されることを避けるために、ã?—ロキシサーバとホスãƒ?_Rンピュータ間に専用接続を確立するとã?ã?方法もè€?えられますã??

互換性のある JVM をã?›ã‚¹ãƒˆã‚·ã‚¹ãƒ?ãƒ?で使用できる場合には、ã?—ロキシサーバをホストコンピュータ上で直接実行するとã?ã?方法もありますã?‚ã?—ロキシサーバをホストコンピュータ上で直接実行するå?´åˆã?å®‰å?¨ã«æŽ¥ç¶šã™ã‚‹ãŸã‚ã«ã¯ãƒ?ータの暗号化や復号化にさらに処ç?がå¿?要となるためã?CPU にかなりã?®è²?荷がかかりますã??

インストã?¼ãƒ«ãŒå®Œäº?したらã?ã‚»ã‚­ãƒ¥ãƒªãƒ?ィプロキシサーバで追åŠ?の構æ?ã‚’行うことがå¿?要ですã?‚詳細につã?ては、ã??セキュリãƒ?ィプロキシサーバã?®è¨­å®?」を参ç?§ã—てください。管ç?è€?用 Web スãƒ?ーションでもã?å®‰å?¨ãªæŽ¥ç¶šã‚’確立できるように端末セãƒ?ションを構æ?ã™ã‚‹æ–¹æ³•ãŒç´¹ä»‹ã•ã‚Œã¦ã?ますã??

次にå¿?要な手é??