コンポã?¼ãƒãƒ³ãƒˆã?®æ§‹æ??

セキュリãƒ?ィプロキシの実è¡?

プロキシサーバコンピュータの server.properties ファイルを作æ?ã—たら、次の手é??に従ってセキュリãƒ?ィプロキシサーバを実行し、Reflection 端末セãƒ?ションからの接続を暗号化できるようにしますã??

セキュリãƒ?ィプロキシサーバã?®èµ·å‹?

Windows

Windows NT 以降ã?® Windows が稼動してã?るコンピュータで自動インストã?¼ãƒ«ã‚’行ったå?´åˆã?ã‚µãƒ¼ãƒ–レãƒ?ト起動スクリプトã‚? NT サービスとしてインストã?¼ãƒ«ã™ã‚‹ã“とを選択できã?ã“れを選択するとサーブレãƒ?ト起動スクリプトがè?ªå‹•çš„に起動しますã?‚サービスを起動またã?¯åœæ­¢ã™ã‚‹ã«ã¯ã€Windows の [コントロールパネル] - [管ç?ãƒ?ール] - [サービス] に移動し、[Reflection Security Proxy] を選択しますã??

自動インストã?¼ãƒ«ã‚’行わずにセキュリãƒ?ィプロキシサーバを NT サービスとしてインストã?¼ãƒ«ã—てã?なã?場合ã?¯ã€ä»¥ä¸‹ã?®æ‰‹é??を実行してセキュリãƒ?ィプロキシサーバを実行しますã??

  1. [スターãƒ?] - [プログラãƒ?] - [Attachmate Reflection Administrator] - [セキュリãƒ?ィプロキシの起動] をクリãƒ?クしますã??

  2. server.properties ファイルのパスをå?¥åŠ›ã™ã‚‹ã‹ã€ã¾ãŸã?¯æ—¢å®šå?¤ã‚’使用しますã?‚例えば Windows の既定ã?®ãƒ•ã‚©ãƒ«ãƒ?にインストã?¼ãƒ«ã—た場合ã?æ—¢å®šã?®ãƒ‘スは次のようになりますã??

    c:\Program  Files\ReflectionServer\securityproxy\conf\server.properties

  3. [次へ] をクリãƒ?クしますã?‚コマンドã?—ロンプトウィンドウが開きã?ã??プロキシサーバが初期化されました」とã?ã?メãƒ?セージが表示されますã??

アーカイブファイルを使用してセキュリãƒ?ィプロキシサーバをインストã?¼ãƒ«ã—ã?å?æœŸæ§‹æ?ãŒå®Œäº?してã?るå?´åˆã?¯ã€ã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ã‚¦ã‚£ãƒ³ãƒ‰ã‚¦ã‹ã‚‰ SecurityProxy.bat を実行しますã??

  1. コマンドã?—ロンプトウィンドウで、[インストã?¼ãƒ«å…ˆã?®ãƒ‘ス]\securityproxy\bin\ に移動しますã??

  2. ã€?SecurityProxy.bat ..\conf\server.properties」と入力しますã??

  3. ã€?プロキシサーバが初期化されました」とã?ã?メãƒ?セージが表示されますã??

UNIX プラãƒ?トフォーãƒ?またã?¯ Linux プラãƒ?トフォーãƒ?の場å?

[インストã?¼ãƒ«å…ˆã?®ãƒ‘ス]/securityproxy/bin/ ãƒ?ィレクトリにある SecurityProxy.sh ファイルを実行するには、端末ウィンドウで次のコマンドを入力しますã??

    ./SecurityProxy.sh start

UNIX またã?¯ Linux 上でのセキュリãƒ?ィプロキシの自動起動と自動停止

以下ã?®æ‰‹é??に従って、シスãƒ?ãƒ?の起動時またã?¯çµ‚äº?時にプロキシを起動またã?¯åœæ­¢ã—ますã??

  1. ãƒ?キストエãƒ?ィタで、次のフォルãƒ?にある、シェルスクリプトである SecurityProxy.bat を開きますã??     [インストã?¼ãƒ«å…ˆã?®ãƒ‘ス]/securityproxy/bin/

  2. スクリプトを編é›?して、å¿?要な次の変数の値を設定しますã??

         WRQ_PROXY_HOME (絶対パスを指å®?)
         JAVA_HOME


  3. 変更した SecurityProxy.sh を保存し、次の場æ‰?にコピã?¼ã—ますã??

         /etc/rc.d/init.d

  4. オペレーãƒ?ィングシスãƒ?ãƒ?に応じて次の手é??を変更してくださいã€?

結果として、UNIX またã?¯ Linux シスãƒ?ãƒ?が起動またã?¯çµ‚äº?した時に、ã?—ロキシサーバが自動的に起動またã?¯çµ‚äº?しますã??

セキュリãƒ?ィプロキシサーバã?®ã‚ªãƒ—ション

コマンドラインまたã?¯ã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ã?—ロンプトからセキュリãƒ?ィプロキシサーバを実行するå?´åˆã«ä½¿ç”¨ã§ãã‚‹ã‚³ãƒžãƒ³ãƒ‰ãƒ©ã‚¤ãƒ³ã‚ªãƒ—ションは次のとおりですã??

パラメータ 説æ˜?
-s 通常セキュリãƒ?ィプロキシサーバã?®èµ·å‹•æ™‚に表示される著作権æƒ?報と初期化メãƒ?セージを非表示にしますã??
-noAlerts セキュリãƒ?ィプロキシサーバかã‚? SSL 警告メãƒ?セージがé?ä¿¡ã•ã‚Œãªã?ようにしますã?‚これにより、サーバが使用するプロトコルがわからなくなるためã?ã‚»ã‚­ãƒ¥ãƒªãƒ?ィが強化されますã??
-locale [en|fr|de|ja] メãƒ?セージをå?ºåŠ›ã™ã‚‹è¨?èª? (英語ã?ãƒ•ãƒ©ãƒ³ã‚¹èªžã?ãƒ‰ã‚¤ãƒ?語ã?æ—¥æœ¬èª?) を指定しますã??

次にå¿?要な手é??