旧バージョンからのアップグレード

Reflection for the Web 5.x または 6.x

ローカルコンピュータやサーバに古いバージョンの Reflection for the Web がインストールまたはキャッシュされている場合は、以下の手順に従って最新バージョンの Reflection for the Web にアップグレードしてください。アップグレードする場合は、以下に示す手順を、その順序で実行することをお勧めします。

Reflection for the Web 5.x または 6.x からアップグレードするには、以下の手順に従います。

  1. Reflection for the Web 5.x または 6.x のアンインストール
  2. Reflection for the Web 9.5 のコンポーネントのインストール
  3. 古いファイルのアップグレード

ステップ 1: Reflection for the Web 5.x または 6.x コンポーネントのアンインストール

注意: インストールの方法にかかわらず、Deployment Director の [外字] セクションを使用してカスタム文字を EBCDIC 値に割り当てていた場合、これらのマッピングを保持するには、[Reflection 管理サーバのインストール先]/ReflectionData/ ディレクトリにある udc.xml ファイルをコピーおよび保存してください。

注意:インストールの方法にかかわらず、Reflection セッションで [キー割り当てのエクスポート] コマンドを使用してキーボード割り当てファイルをエクスポートした場合は、バージョン 5.x または 6.x. をアンインストールする前に、キーボード割り当てファイルをアップグレードしてください。詳細については、 「外部キーボード割り当てファイルのアップグレード」 を参照してください。

Reflection for the Web 5.x または 6.x のファイルをサーバから削除します。以前のバージョンをアンインストールするには、以下の手順に従います。

ステップ 2: Reflection for the Web 9.5 のコンポーネントのインストール

次に、Reflection for the Web 9.5 のコンポーネントをインストールします。以前のバージョンからアップグレードする場合は、以下の手順に従います。

ステップ 3: 古いファイルのアップグレード

自動インストーラを使用してインストールを行った場合:

Reflection 管理サーバおよびサーブレット起動スクリプトの設定は維持されています。ファイルをカスタマイズしたり、管理サーバの信頼されている証明書一覧に証明書を追加していなければ、これ以上のアップグレード手順は必要ありません。カスタマイズした設定の維持インポートした証明書の維持を行う場合は、以下で説明されている手順に従います。JCE ポリシーファイル、UDC ファイル、その他のカスタマイズ済みファイル、または証明書をアップグレードするには、「すべてのインストールタイプについて」の手順に従います。セッションマネージャを使用して保存しなかったセッションまたは手動で編集したセッションをアップグレードするには、 「静的セッションのアップグレード」 の手順に従います。

セキュリティプロキシサーバのアップグレードは完了しています。セッションマネージャで既存の安全なセッションを編集したり、安全なセッションを新規作成できるように、セキュリティプロキシサーバ設定を管理者用 Web ステーションにエクスポートします。セキュリティプロキシウィザードを実行します。[保存] をクリックして設定を保存します。管理サーバに設定をエクスポートするよう要求されます。管理サーバ名、ポート、およびコンテキストが正しいことを確認してから、[エクスポート] をクリックします。

メータリングサーバのアップグレードは、このインストール処理ではサポートされていません。以前のインストールの設定を新しいインストールでも使用するには、テキストエディタで web.xml ファイルを開きます。この情報を参照し、メータリング構成インタフェースを使用して、バージョン 9.5 のメータリングサーバを構成します。構成の詳細については、 「メータリングコンポーネントの設定」を参照してください。

アーカイブファイルを使用してインストールした場合:

次のファイルが正しくコピーおよび編集されていることを確認します。

すべてのインストールタイプについて:

次に必要な手順