Reflection Administrator のインストール

Reflection Administrator のコンポーネントをインストールする手順は、コンピュータのオペレーティングシステムや選択したサーブレット起動スクリプトによって異なります。

アーカイブファイル (.zip または .war ファイル) を使用して任意のオペレーティングシステムに Reflection Administrator をインストールすることができますが、使用するオペレーティングシステムに対応したものが用意されている場合、自動インストーラを使用する方が簡単です。自動インストーラを使用する場合は、サーブレット起動スクリプト (Tomcat) を使用する必要があります。別のサーブレット起動スクリプトを使用する場合は、アーカイブファイルから Reflection Administrator をインストールしてください。

Reflection Administrator を BEA AquaLogic ユーザインタラクション (旧Plumtree) ポータルとともに使用したり、eTrust SiteMinder または IBM WebSphere と統合したりするには、ここで説明する手順のいずれかを使用して Reflection Administrator をインストールします。次に、Reflection for the Web の該当する 外部 Web サイト技術ノートに記載された構成手順に従ってください。

オペレーティングシステム Web サーバまたは
サーブレット起動スクリプト
インストール手順
HP-UX Itanium Tomcat を使用 (既定) この場合、 自動 (rweb-setup-hpux-ia64) インストーラを使用します。
HP-UX PA-RISC Tomcat を使用 (既定) この場合、 自動 (rweb-setup-hpux-parisc-11x) インストーラを使用します。
Linux Tomcat を使用 (既定) この場合、 自動 (rweb-setup-linux) インストーラを使用します。
Macintosh OS tomcat.zip をインストール (推奨) この場合、 手動 インストールを行います。
Solaris SPARC Tomcat を使用 (既定) この場合、 自動 (rweb-setup-solaris) インストーラを使用します。
Windows Tomcat を使用 (既定) この場合、 自動 (rweb-setup-winnt.exe) インストーラを使用します。
IIS (Internet Information Server) 搭載の Windows Tomcat を使用 (既定) この場合、 自動 (rweb-setup-winnt.exe) インストーラを使用します。
Windows、UNIX、または Macintosh Macromedia JRun、
BEA WebLogic、
IBM WebSphere、
Sun ONE (iPlanet)、
Servlet Exec
この場合、 Web アーカイブを使用し、 サーブレット起動スクリプトで指定されている手順に従って Web アプリケーションとして構成します。

次に必要な手順