Reflection のインストール

IIS ウィザードの実行

Microsoft Internet Information Server (IIS) がコンピュータにインストールされている場合、Windows 版の自動インストーラによって IIS が検出され、インストールした Reflection Administrator を ISAPI フィルタとして IIS と統合するかどうかを確認するメッセージが表示されます。IIS 設定の構成、IIS での HTTPS サポートの確認、および Reflection の Web サイトの構成の詳細については、外部 Web サイト技術ノート 1798 を参照してください (技術ノートは英語のみです)。設定を変更したり統合を解除したりする必要がある場合は、IIS ウィザードを実行します。

  1. [スタート] - [すべてのプログラム] または [プログラム] - [Attachmate Reflection Administrator] - [ユーティリティ] - [IIS ウィザード] を選択します。

  2. 自動インストール処理中に Reflection を IIS と統合しなかった場合は、IIS Web サーバが HTTPS 接続に使用するポートを入力します。既定値は 443 です (IIS Web サーバで使用されるポートを確認するには、IIS コンソールで Web サイトを右クリックし、[プロパティ] を選択し、[Web サイト] タブで [詳細設定] をクリックします)。ステップ 4 に進みます。

  3. Reflection がすでに IIS と統合されている場合は、IIS と統合するか統合を解除するかどうかを選択します。

    Reflection を IIS と統合する場合、既存の設定は上書きされます。IIS Web サーバが HTTPS 接続に使用するポートを入力します。既定値は 443 です (IIS Web サーバで使用されるポートを確認するには、IIS コンソールで Web サイトを右クリックし、[プロパティ] を選択し、[Web サイト] タブで [詳細設定] をクリックします)。

    統合を解除すると、インストールされている IIS と Reflection _フ接続が切断されます。

  4. [次へ] をクリックしてから [完了] をクリックします。

  5. IIS と Reflection サーバの両方を再起動します。

次に必要な手順