コンポーネントの構成

セキュリティプロキシサーバ

Reflection Administrator セキュリティプロキシコンポーネントを使用して、暗号化したセッションを配布するには、いくつかの設定を行う必要があります。Reflection セキュリティプロキシサーバソフトウェアは、セキュリティプロキシウィザードおよびセキュリティプロキシサーバという 2 つの Java アプリケーションで構成されています。

安全なセッションの配布の概要

セキュリティプロキシ経由の安全なセッションの配布は、次のいくつかの作業に分類できます。

  1. セキュリティプロキシサーバファイルをサーバにインストールします。詳細については、 「Reflection Administrator のインストール」を参照してください。

  2. セキュリティプロキシサーバを実行します。詳細については、 「セキュリティプロキシサーバの実行」を参照してください。

  3. 管理者用 Web ステーションのセッションマネージャツールを使用して、暗号化された端末エミュレーションセッションを作成します。詳細については、 「安全な端末セッションの作成」を参照してください。

  4. セッションをユーザに割り当てます。詳細については、 管理者用 Web ステーションを開いて、 セッションマネージャの概要およびオンラインヘルプを参照してください。

次に必要な手順