ファイアウォール経由での接続

ファイアウォール経由で FTP または SFTP サーバに接続している場合は以下の手順を使用します。

ファイアウォールを介して接続するには

  1. FTP クライアントを起動します。

    [FTP サイトに接続] ダイアログボックスが開きます (FTP クライアントが既に動作しており、このダイアログボックスが開かない場合は、[接続] - [接続] に進みます)。

  2. 次のいずれかのタスクを実行します。

    結果

    手順

    新しいサイトの作成

    [FTP サイトに接続] ダイアログボックスで [新規] をクリックします。

    [FTP サイトの追加] ダイアログボックスで FTP サーバホストの名前または IP アドレスを入力し、[次へ] をクリックします。

    [ログイン情報] ダイアログボックスで、[ユーザ] を選択します。

    既存サイトの変更

    [FTP サイトに接続] ダイアログボックスでサイトを選択します。

  3. [セキュリティ] をクリックします。
  4. [ファイアウォール] タブで [ファイアウォールを使用する] チェックボックスをオンにします。
  5. [スタイル] から、ファイアウォールで使用する認証コマンドシーケンスを選択します (選択するスタイルによって、設定できるオプションが異なります)。
  6. サーバに適切な認証情報を構成します。
  7. 次のいずれかのタスクを実行します。

    目的

    手順

    新しいサイトの作成

    [OK] をクリックして、[セキュリティのプロパティ] ダイアログボックスを閉じ、[次へ] をクリックします。

    [FTP ユーザログイン] ダイアログボックスで、FTP サーバでのユーザ名を入力して、[次へ] をクリックします。

    [完了] をクリックします。

    既存サイトの変更

    [OK] をクリックして開いているダイアログボックスを閉じます。

注意

  • SFTP 接続では、[ファイアウォール] タブは使用できません。
  • [セキュリティのプロパティ] ダイアログボックスの [ファイアウォール] タブの設定は、ファイアウォールを介して接続するよう設定した、すべてのサイトに対して使用されます。
  • [passive モードを使用する] チェックボックスをオンにすると (既定値)、FTP クライアントはディレクトリ一覧とファイル転送用に別々のデータ接続を確立します。 一部のファイアウォールを経由する接続では、この設定は必須です。パッシブモードをオフにしていて、ディレクトリ一覧が表示されなかったり、「425 Can't open data connection」(データ接続を開くことができません) というエラーが返される場合は、このチェックボックスをオンにしてください。

関連項目

[ファイアウォール] タブ ([セキュリティのプロパティ] ダイアログボックス)

ファイアウォールの認証スタイル (FTP クライアント)

[接続] タブ ([サイトのプロパティ] ダイアログボックス)