[ワークスペース既定値の構成] ダイアログボックス

表示方法

Reflection ワークスペースが開く時または閉じられる時に実行する操作と、セッションドキュメントファイルを自動保存するための設定を構成します。

ワークスペース

[ワークスペースを開始するとき]

Reflection を開始した時に、[新規作成] または [ファイルを開く] ダイアログボックスを表示するか、操作を実行するかを指定します。

注意:セッションドキュメントファイルをダブルクリックしてワークスペースが開かれると、この設定は適用されません。(ワークスペースは、ダイアログボックスを表示したり、操作を実行したりせずに開きます。)

 

 

オプション

目的

 

 

[[ドキュメントの新規作成] ダイアログボックスを表示する]

構成するセッションの種類を選択するための、[新規作成] ダイアログボックスが表示されます。

 

 

[[ファイルを開く] ダイアログボックスを表示する]

セッションドキュメントファイルを選択するための [ファイルを開く] ダイアログボックスが表示されます。

 

 

[何も表示しない]

ダイアログボックスを表示せずに、ワークスペースを開きます。

 

 

[起動操作を実行する]

Reflection が開始した時に実行される操作 (マクロを起動するなど) を設定します。

 

[操作の選択]

操作を指定するために使用される [操作の選択] ダイアログボックスを開きます ([起動操作を実行する] が選択された場合にのみ使用可能)。

[ドキュメントを閉じるとき]

ドキュメントを閉じる際に設定が変更された場合の処理方法を指定します。

オプション

目的

[ドキュメントの設定を自動的に保存する]

改めてプロンプトを表示せずに、セッションドキュメントおよび関連ファイルの変更バージョンを保存します。変更されたファイルのいずれかが標準ファイルの場合、その標準ファイルのコピーがユーザのデータディレクトリに保存されます。

[ドキュメントの設定を保存するかどうか確認する]

セッションドキュメントおよび関連ファイルの変更バージョンを作成する時に、保存する場所を指定します。

[ドキュメントの設定を破棄する]

セッションドキュメントおよび関連ファイルに加えられた一切の変更を破棄します。

 

[ワークスペースを開くときにスタートページを表示する]

最近使用したドキュメントのギャラリを表示します。

 

[最後のドキュメントを閉じたときにワークスペースを終了する]

ワークスペースの最後のドキュメント (セッションまたは Web ページ) が閉じられた後に、Reflection を自動的に終了します。

[ワークスペースを閉じるときにクリップボードをクリアする]

オンにすると、ワークスペースを閉じる時に、クリップボードにコピーされていたデータはすべてクリアされます。

 

[新しいドキュメント用の標準テンプレートを表示しない]

オンにすると、[ドキュメントの新規作成] ダイアログボックスでユーザ定義テンプレートのみを選択できます。

 

[Ctrl+Tab でドキュメント切り替え機能を表示する]

オンにすると、[Ctrl] + [Tab] キーを押した時に、開いているドキュメントを [Tab] キーで切り替えることのできる切り替え機能が表示されます。

 

[同じワークスペースでドキュメントを開く]

セッションドキュメントファイルをダブルクリックしてセッションを開くと、すべてのセッションが同じワークスペース内に開かれます。

[最近使用したドキュメント]

[表示する最近使用したドキュメントの最大数]

ワークスペースメニューの [最近使用したドキュメント] 一覧に表示される、最近使用したドキュメントの最大数を指定します。

[最近使用したドキュメントの一覧を消去]

クリックすると一覧からドキュメントをすべて削除します。

関連項目

色設定の構成

UI 言語の変更

ユーザインタフェース

[テーマの管理] ダイアログボックス