[ワークスペース属性の構成] ダイアログボックス

表示方法

記録、リモートセッションの実行、ヘルプの表示に関するオプションを構成できます。セッションドキュメントおよびその他の関連ファイルが保存される「ユーザのデータディレクトリ」も指定できます。

記録

[イベントの記録を有効にする]

選択すると、Windows のログにエラー情報を送信します。

[リモートセッション]

[Citrix と WTS セッションを最適化する]

Reflection を Citrix または WTS で実行中に、カーソル点滅をオフにし、スプラッシュ画面を無効にするにはオンにします。

注意:この設定は、Citrix または WTS で実行していない場合は無視されます。

[ヘルプシステム]

[ヘルプを表示するとき]

Attachmate Web サイトに表示される製品ヘルプを使用するか、またはローカルコンピュータにインストールされたヘルプを使用するかを指定します。

指定されたヘルプシステムを使用できない場合、Reflection は使用可能なもう 1 つのヘルプを使用します。

 

[リボンでヘルプを表示する]

ヘルプのアイコンおよびメニューをリボンに表示します。

[ディレクトリ]

 

[既定のユーザデータディレクトリ]

セッションやその他のドキュメントを保存する既定のディレクトリのパスを入力するか、[参照] をクリックして選択します。[すべて開く] および [名前を付けて保存] などのダイアログボックス (画面履歴、スクラッチパッドファイルなども含む) のディレクトリの既定値になります。

注意: ファイルを後で再度開くには、信頼された場所に保存する必要があります。

 

[既定の以前の EXTRA! ディレクトリ]

以前の EXTRA! マクロまたは QuickPad などの他の以前のファイルを保存するための既定のディレクトリを入力するか、参照します。