[ユーザインタフェースの構成] ダイアログボックス

表示方法

使用するユーザインタフェースの種類 (Reflection には 4 種類のユーザインタフェースがあります) とそのルックアンドフィール、およびその他のユーザインタフェースオプションを構成できます。Reflection を開く時または閉じる時に再生されるサウンドも指定できます。

表示形式

注意:セッションを構成した後にこの設定を変更すると、そのセッションの外観が予測できないものになることがあります。

[ユーザインタフェースモード]

リボンが Reflection の既定の UI です。この UI は、スーパーツールチップ、リボンギャラリをはじめとする、最新版のオフィスアプリケーションによく似た機能を提供します。

リボンを使用すると、同じワークスペース内に複数のドキュメントを開いておくことがてきます。タブによって、どのドキュメントが開いているのかが分かり、ドキュメントを切り替えることができます。

[クラシック] は標準のメニューとツールバーを使ったインタフェースです。 クラシック UI を使用している場合、ワークスペースで開けるドキュメントは 1 つのみで、その他の機能が使用できないことがあります。

注意:ヘルプ内の手順はすべて、リボン、ブラウザ、TouchUx に合わせて記述されています。

 

 

[ブラウザ] は、最新の Web ブラウザに似た「必要最小限の」ルックアンドフィールを提供します。複数のドキュメントがタブに表示されます。

 

 

[TouchUx] は、タッチスクリーン式のユーザエクスペリエンスを提供します(Microsoft Windows 8 デバイスでは Reflection をネイティブに実行できます)。 iOS または Android デバイスの場合、デバイスにインストールした Citrix Receiver クライアントソフトウェアから Citrix XenApp サーバを介して Reflection にアクセスする必要があります。Reflection は、Citrix が現在対応している Citrix ソフトウェアのバージョンにのみ対応しています。

[ルックアンドフィール/色]

アプリケーションとリボンのバックグラウンドに使用する基本色を選択します。色は、ホスト画面には適用されません。周囲のフレームのみに適用されます。ホスト画面の色を変更するには、異なるテーマを選択します。

 

 

リボンモードが選択されている場合は、2 種類のルックアンドフィール設定を使用してワークスペースを構成できます。これらの設定では、ワークスペースメニューへのアクセス方法が異なります。

Office 2007 のルックアンドフィールでは、[Reflection] ボタン[Reflection] ボタンを使用してワークスペースメニューにアクセスします。

[Reflection] ボタン

Office 2010 のルックアンドフィールでは、Reflection の [ファイル] メニューを使用してワークスペースメニューにアクセスします。

[Reflection] ボタン

 

 

 

TouchUx モードが選択されている場合は、オペレーティングシステムのルックアンドフィール (iOS、Android、または Windows) を選択できます。このルックアンドフィールによって変更されるのは、表示の色とスタイルだけです。機能には影響しません。

Windows のルックアンドフィールでは、Reflection を全画面モードで開くかどうかを選択できます。

[ドキュメントの整列]

ワークスペース内のドキュメントは、既定ではタブに表示されます。Reflection リボンを使用する場合は、ウィンドウへの表示を選択して、並べたり重ねたりして表示できます。

[タブの表示場所]

ドキュメントタブを上 (既定)、下、左、または右のどこに表示するかを指定します。

 

[リボンでヘルプを表示する]

ヘルプのボタンおよびメニューをリボンに表示する場合に選択します。

[それぞれのタブで [閉じる] ボタンを表示する]

ドキュメントタブから [閉じる] ボタンを削除するにはオフにします。オフにしても、各ドキュメントタブは、タブの末尾にある [閉じる] ボタンを使用して閉じることができます。

 

[検索テキスト入力ボックスを表示する]

[検索] ボックスをリボンに表示する場合に選択します。

 

[クイックアクセスツールバーの表示]

リボンまたはブラウザで、クイックアクセスツールバーを表示する場合に選択します。

 

[検索候補を表示する]

[検索] ボックスでの入力時に検索候補が表示されるようにする場合に選択します(この機能は、ブラウザモードにのみ適用されます)。

 

[リボンのボタン名フッターを無視する]

既定でボタン名に表示される F1 ヘルプリンクを非表示にする場合に選択します。

 

[ユーザインタフェースの言語]

Reflection の UI で使用する言語を選択します。

 

サウンド

[イベント]

サウンドを関連付けるアプリケーションイベントを選択します。

[ファイル名]

関連付けられたアプリケーションイベントが起きた時に再生されるサウンドファイル。

[参照]

クリックして、アプリケーションイベントと関連付けるサウンドファイルを見つけます。

[再生]

選択したアプリケーションイベントに関連付けられたサウンドファイルを再生します。