クリップボードの使用 (3270 および 5250)

3270 および 5250 のセッションでは、[Reflection] メニューでのみ使用できる、[次を貼り付け][切り取って追加][コピーして追加] というクリップボードの機能があります。

フィールドに収まるデータ以上のデータがクリップボードにあり、残りのデータを別のフィールドに貼り付ける場合は、[次を貼り付け] を使用します。[貼り付け] コマンドはクリップボード内のデータの最初から貼り付け、[次を貼り付け] は残りのデータの最初から (つまり、クリップボードのコンテンツから前のフィールドに貼り付けたコンテンツを差し引いたものを) 貼り付けます。[次を貼り付け] を連続して使用すると、クリップボード内が徐々に空になります。

複数のフィールドにデータを貼り付けるには

  1. クリップボードにデータがあるときに、最初のターゲットとなるフィールド内にカーソルを移動させます。
  2. [貼り付け] を選択します。
  3. カーソルを次のターゲットフィールドに移動します。
  4. リボンの [貼り付け] ボタンメニュー (または Reflection ブラウザの [編集] メニュー) から、[次を貼り付け] をクリックします。
  5. (オプション) 必要に応じて、手順 2 と 3 を繰り返します。

クリップボードのコンテンツを置き換えるのではなく、クリップボードのコンテンツに追加する場合は、[切り取って追加] または [コピーして追加] を使用します。

クリップボードのコンテンツにデータを追加するには

  1. クリップボードに追加するデータを選択します。

    注意:単語をダブルクリックすると、フィールド内の単語を選択できます。フィールドを 3 回クリックするとフィールド内の単語をすべて選択できます。

  2. リボンの [切り取り] または [コピー] ボタン (または Reflection ブラウザの [編集] メニュー) から、[切り取って追加] または [コピーして追加] を選択します。

関連項目

ホストデータのコピーと貼り付け

端末画面でのテキストの選択とマーク

閉じるときのクリップボードのクリア

[クリップボード設定の構成] ダイアログボックス (3270 および 5250)