FTP クライアント設定の保存

FTP クライアント を Windows の [スタート] メニューから起動すると、「Settings.rfw」という名前の付いた設定ファイルが自動的に開き、構成に対して行ったすべての変更がこのファイルに保存されます。必要に応じて、別の設定ファイルを作成することもできます。

現在開いている設定ファイルに設定を保存するには

  • [ファイル] - [保存] コマンドを選択します。

別の設定ファイルに設定を保存するには

  1. [ファイル] メニューで [名前を付けて保存] を選択し、Reflection のインストーラパッケージファイル (setup.exe) と同じフォルダに .mst ファイルを保存します。
  2. 保存するファイルの名前を入力します。
  3. (オプション) クライアント起動時にこの設定ファイルを開くショートカットをデスクトップに保存する場合は、[ショートカットをデスクトップに保存する] チェックボックスをオンにします。
  4. [保存] をクリックします。

関連項目

FTP クライアント設定ファイル

FTP クライアント設定の読み込み

FTP クライアント設定のインポート

設定ファイルを読み込むショートカットの作成