Reflection の開始時に開くダイアログボックスの指定

既定では、Reflection ワークスペースを開いた時に [ドキュメントの新規作成] ダイアログボックスが表示されます。

Reflection が開いた時に表示するダイアログボックスを指定するには

  1. ワークスペースの設定を開きます
  2. [ワークスペースの設定] の下の [ワークスペース既定値の構成] をクリックします。
  3. [ワークスペースを開始するとき] ボックスで、以下のいずれかのオプションを選択します。

    オプション

    目的

    [[ドキュメントの新規作成] ダイアログボックスを表示する]

    構成するセッションの種類を選択するための、[新規作成] ダイアログボックスが表示されます。

    [[ファイルを開く] ダイアログボックスを表示する]

    セッションドキュメントファイルを選択するための [ファイルを開く] ダイアログボックスが表示されます。

    [何も表示しない]

    ダイアログボックスを表示せずに、ワークスペースを開きます。

    [起動操作を実行する]

    ワークスペースが起動する時に実行する 1 つの操作または一連の操作を指定します。