ホストの接続オプションの構成

セッションドキュメントが開いた時に、ホストに自動的に接続するかどうかを指定できます。また、Reflection から開始されていない切断が発生した後に、ホストに再接続するかどうかも指定できます。

ホストの接続オプションを設定するには

  1. [ドキュメントの設定] ダイアログボックスを開きます
  2. [ホスト接続] の下の [接続設定の構成] をクリックします。
  3. [ホストの接続オプション] (または、VT を使用している場合は [接続オプション]) で、接続方法と接続終了時の動作を指定します。
  • 関連付けられたセッションドキュメントが開いたらすぐにホストの接続を確立するようセッションを設定するには、[自動的にホストに接続する] を選択します。
  • Reflection から開始されていない切断が発生した後に再接続するかどうかを指定するには、[接続が切断された場合] 一覧でオプションを選択します。