Visual Basic エディタでのマクロの作成

可能な場合は常に、モジュール内でマクロを作成します。そのようにすることで、プログラムの整合性と安定性が向上します。このルールの例外は、イベント手順です。イベント手順は、Reflection オブジェクトに直接追加されます。

Visual Basic エディタでマクロを作成するには

  1. Reflection でセッションドキュメントを開きます。
  2. Visual Basic エディタを開きます。

    セッションドキュメントは、プロジェクトエクスプローラーにプロジェクト (例えば、「Project (My Session.rd3x)」) として表示されます。

  3. プロジェクトエクスプローラーで、マクロを保存するプロジェクトを選択し、[挿入] - [標準モジュール] コマンドを選択して新しいモジュールを作成します。
  4. 作成したモジュールをダブルクリックします。

    コードウィンドウが開きます。

  5. [挿入] - [プロシージャ] コマンドを選択し、[名前] ボックスに名前を入力して、[OK] をクリックします。

    選択する名前は、Visual Basic のマクロ命名規則に準拠している必要があります。詳細については、「マクロの命名」を参照してください。

  6. Sub (または Public Sub) ステートメントと End Sub ステートメントの間にマクロのコードを入力します。

    Visual Basic のコマンドでは、文脈依存ヘルプを利用できます。コマンド内で挿入位置を指定し、[F1] キーを押します。