[転送] ダイアログボックス

表示方法

次のオプションがあります。

[ローカル]

 

[ファイル名]

転送するファイルのパスおよびファイル名を入力します。 複数のファイル名はカンマで区切ります。 標準的な PC のワイルドカード文字を使用できます。

 

[ローカルフォルダ]

転送するファイルを含むフォルダを参照します。

[転送]

 

[転送]

[転送] ボタンをクリックすると、指定した転送先にファイルが移動します。

 

[転送方式]

データ変換の処理方法を選択します。 使用可能なオプションは、ファイル転送プロトコルによって異なります。 詳細については、転送方式 (AS/400 転送) および転送方式 (メインフレーム転送) を参照してください。

[既存ファイルの処理]

ターゲットの場所に転送済みのファイルがすでに存在する場合の処理を選択します。

[レコード形式]

ホストへの転送に使用するレコード形式を選択します。

選択する項目

操作の結果

[固定値]

ホストは固定長レコードを作成します。

[未定義]

ホストは特定のレコード形式を持たないファイルを作成します (この値は TSO システムのみに適用されます)。

[可変]

ホストは可変長のレコードを作成し、バイナリファイルの形式を維持します。

[既定値]

ホストがレコード形式を決定します。

 

[設定]

[設定] ボタンをクリックし、ファイル転送の設定を行います。

 

[転送要求]

次のいずれかを選択します。

 

 

選択する項目

操作の結果

 

 

[開く]

転送要求ファイルに保存した転送の設定を読み込みます。

 

 

[保存]

現在の転送構成を転送要求ファイルに保存します。

[ホスト]

 

[ファイル名]

転送に使用する 1 つまたは複数のホストファイルを入力または選択します。 複数のファイル名はカンマで区切ります。

 

[ホストファイルの表示]

ホストファイルがツリー構造で表示されます。 表示内容は、選択したプロトコルに応じて異なります。 Reflection には、現在選択している転送プロトコルで転送できるファイルのみが表示されます。

5250 セッションにおいて、[ホストファイルの表示] をクリックすると、ユーザ名とパスワードの入力が求められます。ただし、[転送の設定] ダイアログボックスの [AS/400] タブにこれらの値を構成している場合は省略できます。

CICS ホストとの間で転送する場合には、[ホストファイルの表示] は利用できません。

 

[更新]

ファイル一覧が更新されます。 このボタンは、ホストファイルを表示すると、[ホストファイルの表示] ボタンのあった場所に表示されます。

 

[ライブラリの追加]

追加ライブラリが表示されます (ライブラリ名を入力する必要があります)。 このボタンは、AS/400 ホストに接続し、ホストファイルを表示している場合のみに表示されます。

 

[レベル]

クリックすると [新規レベル] ダイアログボックスが開くので、ここで、高レベルの修飾子、または表示するホストファイルの修飾子 (またはフィルタ) を指定できます。

注意: このボタンは、TSO ホストへのファイル転送を構成し、ホストファイルを表示している場合のみに表示されます。

現在のビューにあるファイルのサブセットであるフィルタを入力すると、フィルタと一致するファイルだけが表示されます。 フィルタが、現在のビューのファイルのサブセットではない場合は、フィルタと一致するファイルはビューに追加されます。

関連項目

AS/400 転送

メインフレームファイル転送

[転送] ダイアログボックス (VT)

FTP を使用したファイルの転送