[端末の種類の選択] ダイアログボックス

表示方法

[端末の種類]

[設定の種類]

エミュレート対象の端末を選択します。 補助キーパッドを押して送られるコード、制御関数の解釈、端末識別要求に対する応答を指定します ([設定の種類] の下の値は、端末の種類を選択すると自動的にリセットされます)。

[グラフィックス]

[グラフィックスに対応する]

以下の機能も含め、Tektronix 401x タイプの端末、または DEC の ReGIS (Remote Graphics Instruction Set) に対応する場合は選択します。

  • 最大 16 色
  • 選択したパターンによるシェーディングとポリゴンフィル
  • ラバーバンドカーソル
  • 文字の回転と斜体文字
  • マウスへの対応
  • 物理ディスプレイに対する ReGIS 画面全体 (800×480 ピクセル) の縦横比が保持されたグラフィック表示

[端末の設定]

[端末の設定]

エミュレートする端末の種類に固有な値を設定します。 [端末の種類] を変更すると、関連するすべての設定値 ([端末の設定] ダイアログボックスまたは [詳細設定] ダイアログボックスの設定値) がリセットされます。

関連項目

[エミュレーション] タブ (VT 端末タイプ)

IBM 3151 端末の [エミュレーション] タブ

[エミュレーション] タブ (Wyse 端末タイプ)

[詳細設定] ダイアログボックス (VT 端末タイプ)

IBM 3151 端末の [詳細設定] ダイアログボックス

[詳細設定] ダイアログボックス (Wyse 端末タイプ)

[キーボードとマウス] タブ ([端末の設定] ダイアログボックス)

[タブ] タブ ([端末の設定] ダイアログボックス)

[グラフィック] タブ ([端末の設定] ダイアログボックス)