[5250 端末ドキュメントの設定] ダイアログボックス

表示方法

接続

[ホスト (またはシステム) 名か IP アドレス]

接続するホストを識別します。 ホスト名、別名、または数値 IP アドレスを入力します。

注意: IPv4 アドレス (127.0.0.1 の形式) と IPv6 アドレス (2001:0db8:3c4d:0015:0000:0000:abcd:ef12 の形式) の両方とも設定することができます。

[ポート]

セッションで使用するホストのポートまたはソケット番号を入力します。このフィールドには、0 から 66,535 までの数値を入力することができます (既定値 = 23)。

 

 

注意: SSL セッションの場合、ポートの既定値は 992 です。

[デバイス名]

セッションで AS/400 が使用する端末デバイス名を指定します (デバイス名は、表示名またはワークステーション ID とも呼ばれます)。このボックスが空白の場合は、ユーザのセッションで使用するデバイスを AS/400 が作成します。

デバイス名は最大 10 文字です。[デバイス名] ボックスに入力する値の一部として、次の文字のうち任意の文字を含めることができます。

文字

使用方法

*

A、B、C などに置き換えられ、固有のデバイス名を生成します。 すべてのアルファベットを使用した後は、「AA」、「AB」、「AC」などのデバイス名が生成されます。

%

プリンタセッションの場合には P に、端末セッションの場合には S に置き換えられます。

=

1、2、3 などに置き換えられ、固有のデバイス名を生成します。

&COMPN

ローカルワークステーション名に置き換えられます。生成された名前が半角 10 文字を超える場合、左端から削除されます。

&USERN

ローカルユーザ名に置き換えられます。生成された名前が半角 10 文字を超える場合、左端から削除されます。

+

左端からの削除の代わりに、右端からの削除を指定します。 &COMPN または &USERN とともに使用します。 この記号は、文字列内のどこにでも挿入できます。

 

 

注意:

  • これらの記号と組み合わせて使用できる文字列は 1 つだけです。 複数の文字列を使用すると、2 番目の文字列が削除されます。例えば、%MyDevice= は有効です。 一方、%My=Device は無効であり、システムによって &My= として扱われます。
  • 同じ文字列に &COMPN と &USERN の両方を使用することはできません。
  • 上記の特殊文字に基づき、Reflection が固有のデバイス名を自動的に生成するようにするには、[デバイス名を生成する] 設定を有効にする必要があります。 プリンタセッションでは、この設定は既定でオフになっています。 この設定をオンにするには、[デバイス名を生成する] の項目を参照してください。

[デバイス名を生成する]

このオプションをオンにした場合、Reflection は、[デバイス名] フィールドで指定された値に基づいてデバイス名を自動的に生成します。

例えば、指定したデバイス名が %ABC= である場合、Reflection は、端末セッションにデバイス名 SABC1 を生成します。SABC1 がすでに使用中である場合、Reflection は、SABC2、SABC3 などのデバイス名の生成を試みます。

[デバイス名] を「%123*」に設定すると、最初の端末セッションには S123A、2 番目のセッションには S123B という順にデバイス名が生成されます。

このオプションをオフにすると、指定されたデバイス名が使用中であれば、セッションは接続しません。

[端末]

[モデルID]

エミュレートする端末 (「ディスプレイステーション」とも呼ばれます) を指定します。

[ホストのコードページ]

セッションで使用する言語および関連付けられたホストのコードページを選択します。使用する言語およびコードページがわからない場合、システム管理者に問い合わせてください。既定値は、[日本語/カタカナ]、コードページ 290 です。

[キーボードの割り当て]

このセッションで使用するキーボードの割り当てを指定します。

[その他の設定を構成する]

このセッションのホスト接続、端末構成、および他の設定をカスタマイズできるページを開く場合に選択します。

このオプションをオンにしたとき、セッションは自動接続しません。この設定によって、セッションに接続する前に設定を変更できます。

関連項目

セッションドキュメントファイルの作成

[接続設定の構成] ダイアログボックス (5250)

デバイス名の生成

ホストのコードページの編集