[QuickPad の管理] ダイアログボックス

[QuickPad の管理] ダイアログボックスの表示方法

EXTRA! のReflection セッションで作成された QuickPad とツールバーを使用できます。

重要

  • [QuickPad の管理] ダイアログボックスは、Reflection のインストール時に以前の EXTRA! 機能をインストールした場合にだけ使用できます(この機能は、[3270/5250 | 互換性または UNIX] および [OpenVMS | 互換性] の [Attachmate インストールプログラム機能] タブで使用できます)。
  • QuickPad を作成または編集するには、Attachmate EXTRA! 製品を使用する必要があります。 Reflection を使用して QuickPad を作成または編集することはできません。

QuickPad またはツールバーをセッションに追加するには

  • [使用可能な QuickPad] 一覧で [OK] をクリックします。

    QuickPad が既存のセッションに表示され、新しいセッションで QuickPad を表示するようにセッションドキュメントが設定されます。

注意:

  • QuickPad をセッション中に閉じると、新しいセッションに表示されなくなります。
  • ツールバーは QuickPad としてインポートされ、セッションウィンドウ上部に固定された QuickPad ウィンドウに開きます。

[オプション]

 

使用可能な QuickPad

セッションで使用可能な QuickPad の一覧を表示します。 この一覧には、「[ワークスペース設定の構成] ダイアログボックス」で指定された EXTRA!¥Schemes ディレクトリおよび Default Legacy EXTRA! ディレクトリ (既定のパス: My Documents¥Attachmate¥Reflection) のすべてのクイックパッド (.eqp) ファイルとツールバー (.etb) ファイルが含まれています。

ユーザが追加した .eqp ファイルおよび .etb ファイルもすべて含まれます (これらのファイルは信頼された場所に存在する必要があります)。

 

[追加]

信頼された任意の場所の QuickPad (.eqp) ファイルまたはツールバー (.etb) ファイルを、使用可能な QuickPad の一覧に追加するためのダイアログボックスが開きます。

 

[削除]

選択した QuickPad を使用可能な QuickPad の一覧から削除します。

 

ツールチップの表示

QuickPad のツールチップを表示します。