スクラッチパッドを使用したメモの作成

スクラッチパッドは、メモをセッションに関連付けるために使用します。タスク画面から、スクラッチパッドのメモを .RTF ファイルまたは .TXT ファイルとして印刷または保存することができます。

ファイルを後で再度開くには、信頼された場所に保存する必要があります。

スクラッチパッドを使用してメモを作成するには

  1. スクラッチパッドを開きます

  2. [スクラッチパッド] にメモを入力します。
  3. [名前を付けて保存] ツールバーボタンをクリックして、メモを保存します。

[スクラッチパッド] 画面のツールバーから、以下のコマンドも使用可能です ([CTRL] + [A][CTRL] + [C] などの一般的なキーボードショートカットも使用できます)。

クリック

目的

[保存]

[スクラッチパッド] タスク画面のコンテンツを、リッチテキストファイル (.RTF) またはプレーンテキスト (.TXT) として保存します。スクラッチパッドを別のファイルに保存しないかぎり、セッションを閉じた時には保持されません。

[開く]

いずれかの .RTF ファイルまたは .TXT ファイルを開きます。

ファイルは、信頼された場所になければなりません。

[印刷]

スクラッチパッドのコンテンツを印刷します。

[切り取り]

選択した項目を切り取り、それをクリップボードにコピーします。

コピー

選択した項目をクリップボードにコピーします。

[貼り付け]

スクラッチパッド上のカーソルがある位置に、クリップボードのコンテンツを貼り付けます。

[すべてクリア]

すべてのコンテンツを一度に消去します。

[自動非表示]

タスク画面を自動非表示モードにします。これにより、タスク画面がアプリケーションフレームの端に折りたたまれます (タスク画面を再度開くには、フレームの端にマウスを重ねます)。

関連項目

[信頼された場所の指定] ダイアログボックス