[ファイル属性] タブ ([オプション] ダイアログボックス)

表示方法

このタブを使用して、ファイル転送のための既定の属性を構成します。

[アップロード時に既定のファイル属性を設定]

サーバにコピーされたファイルの既定のアクセス権を設定します。[アップロード時に既定のファイル属性を設定] をオンにすると、[許可モード] ボックスを使用するか、[所有者][グループ]、および [公開] を使用して、アクセス権を指定できます。

注意:

  • ファイル転送中に既定以外のアクセス許可を指定するには、[サイトのプロパティ] - [転送] - [転送前にアップロードオプションを表示する] を構成します。この設定を有効にすると、ファイルをサーバに転送する前に、[ファイルアップロードオプション] ダイアログボックスが表示されます。
  • [アップロード時に既定のファイル属性を設定] を選択すると、クライアントは chmod コマンドをサーバに送信して、ユーザが指定したアクセス許可を設定します。サーバがこのコマンドに対応していない場合は、chmod コマンドが認識されないことを示すサーバエラーメッセージが送信されます。

 

 

[ダウンロード時に既定のファイル属性を設定]

クライアントにコピーされたファイルの既定の属性を設定します。[ダウンロード時に既定のファイル属性を設定] を選択すると、[読み取り専用] チェックボックスまたは [隠しファイル] チェックボックスを使用して属性を指定できます。

注意:ファイル転送中に既定以外のアクセス許可を指定するには、[サイトのプロパティ] - [転送] - [転送前にダウンオプションを表示する] を構成します。この設定を有効にすると、ファイルをクライアントに転送する前に、[ファイルダウンロードオプション] ダイアログボックスが表示されます。

関連項目

ファイルおよびディレクトリのアクセス許可の設定

ダウンロード時のファイル名の変更

アップロード時のファイル名の変更

ダウンロードしたファイルの時刻と日付の設定