Reflection のカスタマイズ

Reflection をカスタマイズするには、以下の操作を行います。

  • ホスト固有の情報に関する構成設定が含まれる、セッションドキュメントファイルの作成。 これらのファイルには、セッションの外観を制御するその他のファイル (テーマファイルなど) と、入力およびテキスト処理を制御するファイル (キーボード割り当てファイルやリボンファイルなど) へのポインタも含まれます。
  • プリンタセッションの作成。
  • 端末セッションすべてと、Reflection の中で開かれた Web ページドキュメントに適用されるワークスペースの作成。 ワークスペース構成設定には、セキュリティ、ファイルの場所などの、Reflection に関係する設定が含まれています。
  • アプリケーション機能へのユーザアクセスを制限することで、対応する必要がない機能を無効にします。

Reflection のカスタマイズが終わったら、そのカスタム設定を規定する構成ファイルをコンパニオンインストールパッケージに入れて配布することができます。

注意:

  • Web ページドキュメントには、ドキュメント構成の設定はありません。
  • プリンタセッションおよび FTP クライアントセッションは、Reflection ワークスペースとは別のウィンドウで開きます。 構成は、開いたウィンドウの中で行い、ワークスペースでは行いません。
  • 以前のバージョンの Reflection で使っていた構成ファイルの中には、再利用できるものもあります。 ファイルの一覧を見るには以前のバージョンからのアップグレードの項目を参照してください。
  • Reflection の構成や、ホストとの安全な接続方法、カスタマイズされた UI の詳細については、「ホストへの接続」および「Reflection の構成」の項目を参考にしてください。

このセクションの内容

カスタムのセッションドキュメントの作成

ユーザデータディレクトリおよび他のワークスペース設定の設定

アプリケーション機能へのユーザアクセスの制限

関連項目

コンパニオンインストールパッケージの作成