[ユーザインタフェース]

これらの設定にアクセスするには、Attachmate カスタム設定ツールで [セットアップカスタム設定ファイルを新規作成する] オプションをオンにします。

[インストールのユーザインタフェースオプションを選択してください。]

 

[このカスタム設定を、コマンドラインインストールまたは配布ソフトウェアに使用する]

トランスフォームは、このファイルをインストールに明示的に追加した場合にのみ使用されます。

[このカスタム設定を、setup.exe を使用したインタフェースインストールに使用する]

トランスフォームは、setup.exe を使用してインストールを実行する場合に使用されます。

注意:トランスフォームを保存すると、トランスフォームを実行するための MSI コマンドが setup.ini ファイルに自動的に挿入されます。つまり、加えた変更 (コンパニオンインストーラの実行など) は、ユーザが Attachmate インストールプログラム (setup.exe) を実行すると自動的に実行されます。

[ユーザインタフェースレベルの選択]

トランスフォームを setup.exe とともに使う場合、インストール中の Attachmate インストールプログラムインタフェースのユーザインタフェースレベルを指定できます。これらの設定は、[このカスタム設定を、setup.exe を使用した対話型インストールに使用する] がオンの場合に使用できます。

 

[なし]
インタフェースを表示しません。

 

[基本]
進行状況バーのみ表示します。

 

[完全]
Attachmate インストールプログラムインタフェースをすべて表示します。

 

[[キャンセル] を表示しない]
インストール開始後に、キャンセルできないように設定します。