[ユーザ設定の変更]

これらの設定にアクセスするには、Attachmate カスタム設定ツールで [コンパニオンインストーラを新規作成する] オプションをオンにします。

[カスタム設定ファイルがインストールされているコンピュータのユーザ設定を変更します。]

アプリケーション用のユーザ設定をカスタマイズし、コンパニオンインストールにこれらの設定を含めるには、このパネルを使用します。使用できる機能の一覧は、どの Attachmate 製品をカスタマイズしているかによって変化します。

注意:

  • [ユーザ設定の変更] オプションが使用できるのは、[インストール場所の指定] パネルで [インストールするユーザのみにインストールする] オプションがオンの場合だけです。
  • このパネルから設定を変更する前に、カスタマイズするアプリケーションのワークステーションインストールを実行する必要があります。

[アプリケーション - 設定]

製品インストールのカスタム設定に使用できるオプションの一覧を表示します。

[定義]

選択した機能の設定をカスタマイズするツールを開きます。

注意:[定義] ボタンは、選択したアプリケーションがお使いのワークステーションにインストールされている場合のみ使用できます。

[既定値]

選択した項目を既定値にリセットします。

 

関連項目

ユーザ設定の変更

ACT による Reflection 2011 機能へのアクセスの制限

FTP クライアント設定のインストール

インストールへのコンパニオンインストーラの追加