[インストール場所の指定]

これらの設定にアクセスするには、Attachmate カスタム設定ツールで [コンパニオンインストーラを新規作成する] オプションをオンにします。

[ユーザのコンピュータ上の既定のインストールフォルダを指定してください。]

ファイルとショートカットに関して ACT が使用する既定の場所を指定します。フォルダドロップダウンリストのキーワードオプションについては、「定義済みのフォルダキーワード」を参照してください。

[既定のインストールフォルダ]

[ファイルの追加] 画面を使用して追加するファイルの既定の場所を指定します。

 

[既定のショートカットフォルダ]

[ショートカットを含める] をオンにしている場合に [ファイルの追加] を使用して作成するショートカットの既定の場所を指定します。

[インストールの種類]

(インストール後の) ファイルへのアクセスを指定します。

注意:[インストールの種類] に関して指定する値によって、この画面、[ファイルの追加] 画面、および [ショートカットの変更] ダイアログボックスのフォルダドロップダウンリストで使用できるフォルダの場所が決まります。

[マシンの全ユーザにインストールする]
そのマシンにログオンした全ユーザがファイルを利用できるように、コンパニオンインストールを設定します。

[インストールするユーザのみにインストールする]
インストールしたユーザのみがファイルを利用できるように、コンパニオンインストールを設定します。