起動時にスクリプトファイルを実行する

クライアントを起動し、スクリプトファイル内にあるすべてのコマンドを自動的に実行するコマンドラインパラメータを指定できます。この方法を使用すると、一連のコマンドが自動的に実行されます。

  • 起動コマンドでショートカットを設定しておけば、後でそれをダブルクリックした時に自動的にスクリプトが実行されます。ショートカットに指定するプロパティによって、起動時にクライアントがウィンドウ内で実行されるか、それともデスクトップ上で最小化の状態で実行されるかが決まります。
  • [スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドを使用する時、[開く] ボックスに起動コマンドを入力できます。

スクリプトファイル実行用の起動コマンドの構文

<実行ファイル>.exe [<サイト>] /RFS <スクリプトファイル>

コマンドライン内では、引数はそれぞれ空白で区切ります。

<実行ファイル>.exe

FTP クライアント実行ファイルのパスと名前を指定します。

例えば、次のように入力します。

「ReflectionRftpc.exe」

<サイト>

定義済みのサイトを指定します。クライアントの起動時にそのサイトのプロパティが使用されます。FTP サイト名に空白が含まれている場合は、"ADA Home" のように引用符で囲んでください。

<サイト> 引数を指定する場合は、常に最初の引数として指定します。/W スイッチといっしょに指定すると、<サイト> 引数は無視されます。

/RFS <スクリプトファイル>

FTP スクリプトファイルのパスと名前を指定します。スクリプトファイル名またはパスに空白が含まれている場合は、"C:¥My Script Files¥Get lab reports.rfs" のように引用符で囲みます。

関連項目

FTP クライアント起動スイッチ

スクリプトファイルといっしょにクライアントを起動する例