デバイス名の構成

5250 端末セッションでは、ホストに接続するとサインオン画面にデバイス名 (表示名またはワークステーション ID とも呼ばれます) が表示されます。

カスタマイズされた固有のデバイス名を生成するようにセッションを構成できます。デバイス名の値に特殊文字を入れて、デバイス名の表示とインクリメントの方法を指定できます。

デバイス名を構成しないことを選択すると、QPADEV<####> の形式のセッションのデバイス名が AS/400 によって自動的に割り当てられます。

デバイス名を構成するには

  1. 5250 端末セッションを開きます。
  2. [ドキュメントの設定] ダイアログボックスを開きます
  3. [ホスト接続] の下の [接続設定の構成] をクリックします。
  4. [デバイス名を生成する] チェックボックスがオンになっていることを確認します。
  5. [デバイス名] フィールドにデバイス名を入力し、[OK] をクリックしてセッションを保存します。

    デバイス名には最大 10 文字を入力できます。また、値の一部として次のいずれかの文字を含めることができます。

    以下の文字

    指定する内容

    *

    固有のデバイス名の作成に使用されるアルファベットカウンタです。A、B、C などで置き換えられます。すべてのアルファベットを使用した後は、「AA」、「AB」、「AC」などのデバイス名が生成されます。

    %

    セッションの種類です。プリンタセッションの場合には P に、端末セッションの場合には S に置き換えられます。

    =

    固有のデバイス名の作成に使用される数字カウンタです。1、2、3 などで置き換えられます。

    &COMPN

    ローカルワークステーション名です。生成された名前が 10 文字を超える場合、左端から削除されます。

    &USERN

    ローカルユーザ名です。生成された名前が 10 文字を超える場合、左端から削除されます。

    +

    &COMPN や &USERN を使用する場合、左端でなく右端から削除されます。この文字は、文字列内のどこにでも配置できます。

    注意:

    • これらの記号と組み合わせて使用できる文字列は 1 つだけです。複数の文字列を使用すると、2 番目の文字列が削除されます。例えば、%MyDevice= は有効です。一方、%My=Device は無効であり、システムによって &My= として扱われます。
    • 同一の文字列で &COMPN と &USERN の両方を使用することはできません。
    • このボックスを空白にすると、AS/400 がセッションで使用するデバイスを作成します。

     

    例:

    • デバイス名を %ABC= に設定すると、SABC1 という表示セッションのデバイス名が生成されます。これが拒否されると、Reflection は SABC2、SABC3 などのように作成していきます。
    • デバイス名を %123* に設定すると、最初の表示セッションのデバイス名は S123A、2 番目のセッションのデバイス名は S123B、というように生成されます。
    • デバイス名を &COMPN* に設定すると、コンピュータ名が Computername の場合、最初の 3 つのセッションのデバイス名は puternameA、 puternameB、puternameC と生成されます。
    • デバイス名を %My=Device に設定すると、SMy というデバイス名が生成されます。一度に使用できる文字列リテラルは 1 つだけであるため、2 番目の文字列リテラル (=Device) は無視されます。
    • デバイス名を +&USERN* に設定すると、コンピュータユーザ名が karlschmidt の場合、最初の 3 つのセッションのデバイス名は karlschmiA、karlschmiB、karlschmiC と生成されます。